ETL テンダ

Crawl Krei:定期的に自動で収集するウェブクローラ--データを欲しい形に加工

ウェブクローラサービス「Crawl Krei」は必要なデータを欲しい形で自動収集する。ヒアリングによって目的を明確化し、その目的に対して意味のある項目や種類などの組み合わせを効率的に選択できる。

Crawl Kreiのポイント

  • ウェブクローリングとウェブスクレイピングを組み合わせて定期的に収集
  • 差分データも収集、障害が起きた場合は自動で検知
  • 目的に対して意味のある項目や種類などの組み合わせを効率的に選択

Crawl Kreiの製品解説

 テンダの「Crawl Krei」は、インターネット上にある情報の中から、必要なデータを欲しい形で自動収集するウェブクローラサービス。目的に対して最適な収集方法を提案、カスタマイズしてデータを提供してくれる。

編集部おすすめの関連記事

 手間のかかる日々の調査や情報収集を自動化できる。ウェブクローリングとウェブスクレイピングを組み合わせてデータを定期的に収集する。差分データの収集も可能。

 他のシステムとデータ連携する大規模開発から、初回設定したデータ項目を定期的に収集するような小規模開発のどちらにも対応。外国語にも対応。データ収集に障害が起きた場合は自動で検知する。

 ヒアリングによって目的を明確化し、その目的に対して意味のある項目や種類などの組み合わせを効率的に選択できる。最短5営業日で導入可能。オプションの専用管理画面で収集したデータを容易に抽出や加工できるとしている。

Crawl Kreiのまとめ
用途と機能ウェブクローラサービス
特徴手間のかかる日々の調査や情報収集を自動化。オプションの専用管理画面で収集したデータを容易に抽出や加工

「ETL」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. 単なるバズワードか? 本質が見えにくい「ゼロトラスト」の5つの疑念を払拭せよ
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. 悲惨な「ひとり情シス」を脱却するための7つの話題!うまく回している人が実践していることとは?
  5. これからはじめる! やさしい IDaaS と Azure AD の基本

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]