コラボレーション クラウドサービス

「G Suite」のアクティビティダッシュボード--設定に役立つ4つのヒント

組織内で「G Suite」を使用するドキュメント編集者は、アクティビティダッシュボードを利用することで、ほかのユーザーがいつファイルを閲覧したのか確認できるようになっている。ここでは、アクティビティダッシュボードについて知っておくべき4つのことを紹介する。

 2018年3月、組織内で「G Suite」を使用するドキュメント編集者は新しいアクティビティダッシュボードを利用することで、ほかのユーザーがいつファイルを閲覧したのか確認できるようになった。アクティビティダッシュボードのデータを閲覧できるのは、「G Suite Business」「G Suite for Education」「G Suite Enterprise」を使用する組織の人々だ。

 アクティビティダッシュボードは「Google Docs」「Google Sheets」「Google Slides」内の追加の共同編集を提示する役割を果たし、ドキュメントの変更、提案された編集、コメントを全て表示する。誰かがドキュメントにアクセスすると、その人の存在がプロフィール画像によって示されるので、アクティビティダッシュボードを使用すれば、誰かが文書を閲覧したかどうか尋ねることが不要になる。

 本記事では、アクティビティダッシュボードについて知っておくべき4つのことを紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2332文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「HCIってなに?」─いまさら聞けない特徴・よくある質問・効果的な活用法etc…全部答えます!
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  4. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]