無線LAN

Wi-Fi規格の名称がより簡単に--「802.11ax」は「Wi-Fi 6」

業界団体のWi-Fi AllianceがWi-Fi規格の新しい命名システムを発表した。

 テクノロジの世界には紛らわしい頭字語や短縮形があふれている。なかでもWi-Fi規格の名称の分かりにくさはトップクラスだ。そこで仕様や規格の名称を簡略化しようと、業界団体のWi-Fi AllianceがWi-Fi規格の新しい命名システムを発表した。

 米国時間10月3日付のプレスリリースによると、新しい取り組みは、Wi-Fiテクノロジが進化していくにしたがって世代ごとに連続する数字を割り当てる。これにより、ベンダーは自社のデバイスが対応する規格をこれまでより分かりやすく表示できる。また、サービスプロバイダーは自社が提供するネットワークの規格を簡単に説明でき、ユーザーはどの機器でどの規格が使えるかを簡単に見分けられるようになる。

 Wi-Fiテクノロジが進化するたびに、スピードやスループットが向上する。とはいえ、一目でどの規格なのかを見分けにくいことがしばしばだ。各世代の表記を数字とアルファベットからなる文字列に依存しているためだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約726文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え
  3. “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ
  4. RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋
  5. RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]