オフィスソフト

「Excel」の「Power Query」機能--単一列に入れられた複数の値を個別行に振り分け

データの分析では、分析よりもデータの入手や整理に時間を費やすことが多い。それが当てはまる場合は、「Excel」の「Power Query」について必ず調べよう。ここでは、同機能の使い方を解説する。

 データの分析では、分析よりもデータの入手や整理に時間を費やすことが多い。それが当てはまる場合は、「Excel 2016」の「Power Query」(または「取得と変換」)について必ず調べよう。Power Queryを利用すれば、アクティブなブックなど、数種類のソースからデータを読み込める。データをPower Queryに取り込んだら、専用ツールを使って、そのデータの分析や操作をすばやく実行できる。必要としている結果を得るには、複雑な数式やVisual Basic for Application(VBA)を使用するしかないと思っているなら、一歩戻って、「代わりにPower Queryでこれができないだろうか?」と考えてみよう。たいていの場合、答えは「イエス」だ。

 Power Queryを紹介するこの短い記事では、Power Queryを使用しなければ管理に途方もない苦労が伴う問題を見ていこう。具体的には、複数の値が入った列を、1つの行に1つの値が納まるように分割してデータベース構造にする方法を示す。これはよくある問題で、専門知識がないとExcelでは容易に解決できない。

 筆者は、64ビット版「Windows 10」で「Excel 2016」のデスクトップ版(Office 365)を使っている。Power Query(または「取得と変換」)は、古いリボンバージョンでも利用されているが、アドインとしてインストールする必要がある。リボンメニュー以前のバージョンには同等のツールがない。データは各自用意してもいいし、デモ用のxlsxファイルをダウンロードしてもいい。

「複数の値を持つフィールド」とは

 データベース技術に詳しい人なら、各フィールドには可能な限り最小の独立した値を格納すべきというのが、最も重要な正規化のルールの1つだと知っているだろう。ユーザーにとって非常に残念なことに、多くのデータベース、中でもスプレッドシートでは、このルールが守られていない。図Aに示すのは、この規則を破っている簡単なデータセットだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2907文字 ログインして続きを読んでください。

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]