運用管理 サイオステクノロジー

SIOS Coati:EC2上で運用しているシステムの監視サービス--自動復旧に対応

運用自動化サービス「SIOS Coati」は、Amazon EC2上で運用しているシステムの稼働を監視する。障害が起きた際には自動で復旧して通知する。運用形態に沿った監視・復旧シナリオをGUIで簡単に設定できる。

SIOS Coatiのポイント

  • インスタンスの増減やシステムの稼働状況を自動的に検知
  • 運用形態に沿った監視・復旧シナリオをGUIで設定
  • 監視対象のインスタンスやサービス範囲、内容を個別にモードを選択

SIOS Coatiの製品解説

 サイオスの「SIOS Coati」は仮想マシンサービス「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)」上で運用しているシステムの稼働を監視する。障害が起きた時には自動で復旧を試みる。

編集部おすすめの関連記事

 利用者が気にしなければならないインスタンスの増減やシステムの稼働状況を自動的に検知。障害時にシステムを自動復旧し、詳細な障害レポートを提供する。

 一般的な従来の監視サービスでは、Amazon EC2上で運用中のシステム障害を通知できても、手動で復旧を進める必要があった。しかし「SIOS Coati」なら、自動で復旧して通知するためエンジニアの緊急対応が不要。システムの復旧にかかる手間や時間を削減できる。

 SaaSのため、インストール不要で申込後すぐに利用可能。監視対象インスタンスにエージェントを設定する必要もなく、監視対象を自動検出するので導入後すぐに監視を開始できる。

 システム運用形態に沿った監視・復旧シナリオをGUIで設定できる。システム担当者に代わって24時間365日、人手を介さずに監視し、異常時に復旧、障害情報レポートを発行するため、夜間や休日の監視要員待機が不要となり、運用コストを削減できる。

 監視対象のインスタンスやサービス範囲、内容を個別にモードを選択できる。障害検知後のインスタンスやサービス復旧の動作の内容も個別に選択可能。利用期間やインスタンス数は無制限。

 無償版では、インスタンスの監視頻度は30分間隔となっている。有償版の監視頻度は2分間隔。

SIOS Coatiのまとめ
用途と機能Amazon EC2上で運用しているシステムの稼働監視&自動復旧
特徴障害時にシステムを自動復旧し、詳細な障害レポートを提供。監視対象インスタンスにエージェントを設定する必要もなく、監視対象を自動検出するので導入後すぐに監視を開始。利用期間やインスタンス数は無制限
税別料金Free:無料
Standard:仮想マシン1台あたり1時間5円
導入企業インフォバーン、小倉ホールディングスなど

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  4. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]