OCR ユニメディア

LAQOOT:定型帳票に特化した自動データ化サービス--手書きにも対応

自動データ化サービス「LAQOOT」は、申込書や注文書、アンケート用紙など紙の定型帳票に特化。活字に加えて手書きにも対応する。ユーザー企業のシステムとAPIで接続して、常時データ化する仕組みも提供する。

LAQOOTのポイント

  • 間違いが許されない書類も比較チェックでデータ化
  • AIと人間が認識したデータを突き合わせて精度向上
  • データ化を通じて識字精度が自動的に向上

LAQOOTの製品解説

 ユニメディアの「LAQOOT(ラクート)」は、申込書や注文書、アンケート用紙など紙の定型帳票に特化した自動データ化サービス。人工知能(AI)による文字認識と人間による分散入力を並行して自動処理することで精度を高めている。

編集部おすすめの関連記事

 AI認識とクラウドソーシング入力で、24時間365日の自動データ化を実現。間違いが許されない書類も、コンペアプロセス(比較チェック)でデータ化する。データ化を通じて識字精度が自動的に向上する。クラウド型の提供方式のため、必要なその日に導入が可能となっている。手書きにも対応する。

 「エントリーコンペア」「AIのみ」という2つのデータ化プロセスが用意されている。エントリーコンペアプロセスでは、AIの文字認識と並列処理として、クラウドソーシングの作業者が自動でアサインされ、それぞれが認識したデータを突き合わせることで精度を高めている。

 エントリーコンペアのデータ化は1日5000~1万枚が可能。注文書などデータ化する文字量が少ない場合は処理できる枚数が増える。ユーザー企業のシステムとAPIで接続して、常時データ化する仕組みも提供している。PDFのほかJPEGやPNG、TIFFの画像ファイルに対応している。

LAQOOTのまとめ
用途と機能定型帳票に特化した自動データ化サービス
特徴AIの文字認識と並列処理として、クラウドソーシングの作業者が自動でアサインされ、それぞれが認識したデータを突き合わせる。エントリーコンペアのデータ化は1日5000~1万枚が可能。PDFのほかJPEGやPNG、TIFFの画像ファイルに対応

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ医療機関は簡単にはIT変革を実現できないのか?“ならでは”の課題と解決策を探る
  2. IoT、AI、自動化で事業を組み上げよ--製造業のITのための最新テクノロジー完全ガイド
  3. レガシーアプリが貴社のイノベーションの妨げになっていませんか?抜本的なIT投資の見直し
  4. IoT/AI時代に求められるアナリティクス基盤“3つの着眼点”
  5. すぐに分析に利用できるデータは3割以下!?AIを活用した分析に向けデータ準備はどうあるべきか

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]