SCM オープンテキスト

B2B Managed Services:さまざまな標準に対応する企業間データ連携サービス

企業間データ連携サービス「OpenText B2B Managed Services」は、金融のほかに国や地域ごとのEDIなどの標準に対応する。接続や取引先での導入支援、テスト、監視などを任せられる。

OpenText B2B Managed Servicesのポイント

  • 仕様やロジックの記述、物理的なマップの開発など全てを担当
  • マップの複製の新規作成を進め、複雑なマップに対応
  • 金融でのSWIFT MT/FINやISO 20022 XMLなど、業界標準でのebXMLなどに対応

OpenText B2B Managed Servicesの製品解説

 オープンテキストの「OpenText B2B Managed Services」は、企業間データ連携サービス。接続や取引先での導入支援、テスト、監視などを担う。SAP製アプリケーションやOracle Databaseとも統合可能。

編集部おすすめの関連記事

 企業間システムに必要なデータフォーマット変換作業をオープンテキストが仕様やロジックの記述、物理的なマップの開発、単体テストまで全てを担当する。クラウドのデータ変換サービスであることからユーザー企業がファイアウォール内部で変換ソフトウェアを実行する必要がない。

 マップが更新されてもオープンテキストがマップの複製の新規作成を進め、複雑なマップに対応。ファイルを集約して一つに統合したり、一つのファイルを複数に分割したりすることもできる。ウェブサービスコールやデータベースクエリを実行してデータを加工して複雑なロジックをマップにコーディングすることも可能。

 さまざまな標準に対応する。金融でのSWIFT MT/FINやISO 20022 XMLなど、業界標準でのRosettaNetやebXMLなど、国や地域の電子データ交換(Electronic Data Interchange:EDI)でのEDIFACTやANSI X.12など。

 取引先導入・接続支援についても、同社のチームには、日本国内や世界各国でディストリビューターやサプライヤー、委託メーカー、物流業者、金融機関などの導入を支援してきた経験があるという。

 ドキュメント追跡サービスも用意されている。送受信されたトランザクションや注意が必要なトランザクションを素早く特定することが可能。アラートを設定し、不測の事態が発生したり、予定していた処理が行われなかったりした際に通知を受け取ることもできる。

OpenText B2B Managed Servicesのまとめ
用途と機能企業間データ連携クラウドサービス
特徴企業間システムに必要なデータフォーマット変換作業をオープンテキストが仕様やロジックの記述、物理的なマップの開発、単体テストまで全てを担当。送受信されたトランザクションや注意が必要なトランザクションを素早く特定することが可能

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え
  3. “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ
  4. RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋
  5. RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
購買管理
SCM
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]