RPA 豆蔵

6000時間分のRPAを自作--鉄鋼総合商社メタルワンの挑戦

鉄鋼の総合商社のメタルワンは、新しいビジネスを創出すべくRPAに着目。社内コンテストを企画し、79体のロボットを自作したという。

 三菱商事と双日の合弁で、鉄鋼の総合商社となるメタルワン(千代田区)は、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)の推進を全社で進めるべく、ロボットコンテストを社内で開催。RPAツール「WinActor」によって計79体のロボットが作成され、稼働した場合の年間削減時間は6000時間におよぶ見込みだという。7月に開催されたイベント「RPA DIGITAL WORLD 2018」では、メタルワンの経営企画部でデジタル・イノベーション室の室長を務める齊藤桂司氏が登壇。コンテストに至るまでの経緯や注意点、今後の方向性などを語った。

 RPA活用の発端は、“イノベーションを起こして新しいビジネスを創出する”という全社的な目標にあるという。鉄鋼市場は、今後の需要減を予測。国内は日本の人口減と比例し減少傾向、国外では地場のベンダーから調達、という流れが浸透しつつあるという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3479文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  2. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  3. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]