人事・労務

職場より自宅で作業、効率的だと考える人は65%

FlexJobsのレポートによると、自宅勤務の方が生産的だと考える理由として挙げられたのは、気が散ることが少ないことや邪魔が入らないことなどだった。

 FlexJobsの新たなレポートによると、在宅勤務のポリシーを整え、完全に遠隔勤務を可能にすることで、より生産性の高い仕事文化が生まれるという。同レポートでは3100人の労働者を調査、うち65%が従来のオフィス環境で仕事するよりも自宅作業のほうが生産的だと考えているとの結果が出た。

 自宅勤務がより生産的だと考える理由の中で上位に挙げられたのは、気が散ることが少ない(75%)、同僚の邪魔が入ることが少ない(74%)、通勤のストレスがない(71%)、社内政治への関与が最小限にとどめられる(65%)などだった。他のレポートでも、オフィスで働いている時間で生産的と考えられる時間は60%以下にとどまるとの試算が出ている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約721文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]