IaaS IAサーバ リンク

リンク ベアメタルクラウド:物理サーバをオンデマンドに利用できるサービス

サーバサービス「リンク ベアメタルクラウド」は、仮想サーバのように物理サーバをオンデマンドに利用できる。電源やストレージに保存されているデータのバックアップなどをコントロールパネルから操作できる。

リンク ベアメタルクラウドのポイント

  • 電源やデータバックアップなどをコントロールパネルから操作
  • プライベートのVMホストを作成して、ホスト上に仮想サーバを作成
  • P2PやV2V、P2VやV2Pのデータ移行もコントロールパネルから操作

リンク ベアメタルクラウドの製品解説

 リンクの「リンク ベアメタルクラウド」は、物理サーバを仮想サーバのようにオンデマンドに利用できるサーバサービス。あらかじめデータセンターにベアメタルの物理サーバが用意されており、申し込みがあると物理サーバが自動的に割り当てられる。

編集部おすすめの関連記事

 物理サーバを制御するためのコントロールパネルが用意されている。電源のオン/オフやストレージに保存されているデータのバックアップなどをコントロールパネルから操作できる。

 物理サーバの複製やリストアなどもコントロールパネルから操作でき、障害が発生したらバックアップデータから別の物理サーバに自動的に移行させることも可能。ハードウェア専有型であり、パブリッククラウドなどの共用環境に置くことが難しいデータ類もクラウド環境として利用できる。

 物理サーバ上にLinuxの「KVM」をインストールしたプライベートの仮想マシン(VM)ホストを作成して、ホスト上に仮想サーバを作成できる。物理リソースの範囲であれば、いくつでもVMを作成可能。開発環境や複数のウェブサーバの集約といった用途に利用できる。

 ホストサーバだけに課金される。VMは1コア、メモリは512Mバイト単位で選択可能。VM作成後のリソース変更もコントロールパネルから制御できる。

 プライベートクラウド基盤としての利用にも対応。ユーザー企業専用のKVMと共有ストレージが提供され、KVMの可用性を高めたハイアベイラビリティ構成を取れる。コントロールパネルからVMの作成や削除、起動や停止を制御でき、VM作成時にどのKVMで起動するかもコントロールパネルから選択できる。KVMは可用性を保つため最小2台構成から利用できる。

 仮想サーバでノードを共有する“パブリックVM”としても利用可能。限られた期間のキャンペーンや開発検証環境に最適と説明。サーバの複製機能を利用すれば、規模や用途にあわせて物理サーバに移行するといったこともコントロールパネルから制御できる。

 物理サーバ同士(Physical to Physical:P2P)や仮想サーバ同士(Virtual to Virtual:V2V)でのデータ移行に加えて、物理サーバから仮想サーバへ(Physical to Virtual:P2V)、仮想サーバから物理サーバへ(Virtual to Physical:V2P)へのデータ移行もコントロールパネルから制御可能。

 物理サーバは1日単位、パブリックVMは1時間単位で利用可能。利用料は25日で月間の上限価格となり固定される。トラフィックは月間平均100Mbpsまでは無料で利用できる。

 サービスプランは標準モデルのほかに、IO性能を考慮した高IOPSモデル、ネットワークを冗長化したエンタープライズモデルもある。

リンク ベアメタルクラウドのまとめ
用途と機能物理サーバをオンデマンドに利用できるサービス
特徴物理リソースの範囲であれば、いくつでもVMを作成可能。開発環境や複数のウェブサーバの集約といった用途に利用可能。サーバの複製機能を利用すれば、規模や用途にあわせて物理サーバに移行するといったこともコントロールパネルから制御
導入企業ORATTA、セットアップ、シンシア、アルグラフ、オープントーン、フジテレビジョンなど

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え
  3. “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ
  4. RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋
  5. RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]