グループウェア

チームToDo:チームの仕事を可視化して残業時間減少を図るToDo管理サービス

ToDo管理サービス「チームToDo」は、チームでの利用に特化したToDoリストを作成、管理する。グループウェアとして活用可能。ToDoには全て期限が設定され、期限を守ることで評価される仕組みとなっている。

チームToDoのポイント

  • ToDoには全て期限が設定、守らないと悪い評価が付く仕組み
  • やり終えた仕事を日ごとにリストで表示、日報として提出
  • スケジュールとToDoにタグ、自動で集計されかかった時間を計算

チームToDoの製品解説

 アクチュアライズの「チームToDo」は、チームでの利用に特化した、ToDoリストを作成、管理するサービス。依頼する側が入力してメールのように送る機能を搭載。「入力が面倒だ」という理由でToDoリストが使われなくなってしまう企業でも有効に活用できる。

編集部おすすめの関連記事

 やってもらった仕事に対して5段階のポイントで感謝を見える化する「Thank youポイント」機能も特徴のひとつ。仕事をやり終える度にポイントがもらえる、つまりチームToDoを使わないとポイントがもらえないため、依頼を口頭やメールからチームToDoに集約できる。

 ToDoには全て期限が設定されており、これを守らないとThank youポイントは悪い評価しかつけられない仕組みになっている。期限を意識し、間に合わせようと努力することで仕事のスピードが速くなる効果が期待できる。

 通常のToDoソフトは仕事をやり終えるとリストから消えるが、チームToDoではやり終えた仕事を日ごとにリストで表示する機能も搭載。これを日報として使えば、スタッフは面倒な日報作成から解放され、管理者側でも日報の収集や催促にかかる手間を軽減できる。

 日々のToDo管理だけでお互いの仕事を共有可能なため仕事の属人化抑制や管理者による黙示の指示と明示の指示が切り分けられる、といった効果も期待できる。

 スケジュールとやるべきToDoにタグを付けられる。タグが付けられたスケジュールとToDoは自動で集計され、仕事にかかった時間が計算される。

 例えば、得意先のA社に訪問して面談する時間や移動時間、見積書や提案書を作成するといったA社に関わる時間に「A」というタグを付けると、A社にかかった時間が自動で月ごとに集計される。成果の欄にA社からの売上金額を入力すると「売り上げ÷時間」で生産性が計算される。

 チャットも利用できる。スケジュールやToDoの中でチャットできる。終業予定時刻も表示する。今日が期限の仕事見込時間を加算して、何時に帰れるかを表示。早い時間から残業を意識させることで対処を促す。仕事を依頼する前にメンバー全員の終業予定が分かることから残業させずに緊急の仕事を誰に依頼すべきかを判断できる。

 Lite、Standard、Premiumの3つのエディションが利用できる。Liteは最少人数が3人。Standardは最少人数が10人でファイルを添付できる。Premiumは最少人数が20人でファイルを添付でき、生産性チェック機能も利用できる

チームToDoのまとめ
用途と機能ToDoリストを作成、管理するサービス
特徴Thank youポイントで仕事に対するポイントを可視化。タグが付けられたスケジュールとToDoは自動で集計され、仕事にかかった時間が計算。今日が期限の仕事見込時間を加算して、何時に帰れるかを表示、残業を意識させて対処を促す
税別料金(1ユーザーあたり月額)
Lite:1300円、Standard:1800円、Premium:2300円
導入企業スカイホープなど

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【調査】Office 365やG Suiteなどの導入における様々な課題が明らかに!有効な解決策とは
  2. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  3. 組織やチームを活性化させる「ハドルルーム」! 活用するうえで欠かせないポイントとは?
  4. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  5. マルチクラウド環境で最適なバックアップを!急成長のVeeamの特徴をイチから理解する

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]