クラウドストレージ 横河レンタ・リース

Passage Drive:ファイルサーバの代わりにOneDriveに保存する“データレスPC”

「Flex Work Place Passage Drive」は、PCの読み書きをすべて「OneDrive for Business」にリダイレクトしてPCにはデータを保存しない。ファイルサーバがない企業でも利用できる。

Flex Work Place Passage Driveのポイント

  • ファイルサーバの代わりにOneDrive for Businessに保存
  • ローカルHDDには一時的なキャッシュデータのみが保存
  • Active Directory連携やVPN設定なども不要

Flex Work Place Passage Driveの製品解説

 横河レンタ・リースの「Flex Work Place Passage Drive」はクラウドストレージ「OneDrive for Business」にファイルを保存する「Flex Work Place Passage」。

編集部おすすめの関連記事

 Flex Work Place Passageは、ベースとなるのは、PCの読み書きをすべてファイルサーバなどのネットにリダイレクトし、PCには一切のユーザーデータを保存しない。このリダイレクト先をOneDrive for BusinessにしたのがFlex Work Place Passage Driveになる。ファイルサーバがない企業でも利用できる。

 OneDrive for Businessを通じてスマートフォンやタブレットなどさまざまなデバイスからデータにアクセス可能。「Office 365」を導入、活用していれば、Officeやクラウドサービスをシームレスに利用できるという。

 Flex Work Place Passage DriveはFlex Work Place Passageと同じく、アカウントを停止するだけで、データを完全に保護できる。OneDrive for Businessにデータがあるため、バックアップが容易になり、ランサムウェアによる被害を防止できる。

 ローカルのハードディスクドライブ(HDD)には一時的なキャッシュデータのみが保存されるため、PCのデータ移行も簡単になる。Active Directory連携や仮想私設網(VPN)の設定なども不要。

Flex Work Place Passage Driveのまとめ
用途と機能OneDrive for Businessに保存する“データレスPC”
特徴アカウントを停止するだけで、データを完全に保護。スマートフォンやタブレットなどさまざまなデバイスからデータにアクセス可能
税別料金スタンダードプラン
1ユーザーあたり月額500円

「クラウドストレージ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]