クラウドストレージ 横河レンタ・リース

Passage Drive:ファイルサーバの代わりにOneDriveに保存する“データレスPC”

「Flex Work Place Passage Drive」は、PCの読み書きをすべて「OneDrive for Business」にリダイレクトしてPCにはデータを保存しない。ファイルサーバがない企業でも利用できる。

Flex Work Place Passage Driveのポイント

  • ファイルサーバの代わりにOneDrive for Businessに保存
  • ローカルHDDには一時的なキャッシュデータのみが保存
  • Active Directory連携やVPN設定なども不要

Flex Work Place Passage Driveの製品解説

 横河レンタ・リースの「Flex Work Place Passage Drive」はクラウドストレージ「OneDrive for Business」にファイルを保存する「Flex Work Place Passage」。

編集部おすすめの関連記事

 Flex Work Place Passageは、ベースとなるのは、PCの読み書きをすべてファイルサーバなどのネットにリダイレクトし、PCには一切のユーザーデータを保存しない。このリダイレクト先をOneDrive for BusinessにしたのがFlex Work Place Passage Driveになる。ファイルサーバがない企業でも利用できる。

 OneDrive for Businessを通じてスマートフォンやタブレットなどさまざまなデバイスからデータにアクセス可能。「Office 365」を導入、活用していれば、Officeやクラウドサービスをシームレスに利用できるという。

 Flex Work Place Passage DriveはFlex Work Place Passageと同じく、アカウントを停止するだけで、データを完全に保護できる。OneDrive for Businessにデータがあるため、バックアップが容易になり、ランサムウェアによる被害を防止できる。

 ローカルのハードディスクドライブ(HDD)には一時的なキャッシュデータのみが保存されるため、PCのデータ移行も簡単になる。Active Directory連携や仮想私設網(VPN)の設定なども不要。

Flex Work Place Passage Driveのまとめ
用途と機能OneDrive for Businessに保存する“データレスPC”
特徴アカウントを停止するだけで、データを完全に保護。スマートフォンやタブレットなどさまざまなデバイスからデータにアクセス可能
税別料金スタンダードプラン
1ユーザーあたり月額500円

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  2. EDR導入を絶対に失敗したくない人に贈る、セキュリティ対応の5つ課題とEDR選定の11のポイント
  3. アナリティクスのPDCAサイクルを自動化!マツモトキヨシのマーケティング戦略を支える分析基盤
  4. AIと位置情報でユーザー体験を高度化 - スマートデバイス時代にふさわしい無線LANサービスとは
  5. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]