OS・ミドルウェア

Linuxで「sudo」パスワードの持続時間を変更--「visudo」を使った方法

「sudo」システムは、Linuxシステム上で誰が管理コマンドを実行できるかを管理する独創的な方法である。ここでは、sudo使用時にパスワードの再入力を促されるまでの時間を変更する方法を解説する。

 sudoシステムは、Linuxシステム上で誰が管理コマンドを実行できるかを管理する独創的な方法である。そして、概ね非常に簡単である。しかし、マルチタスクやLinuxマシンへの新しいサーバソフトウェアへのインストールなどで忙しいとき、筆者はsudoにいら立ちを覚えることもある。それはなぜか。デフォルトのタイムアウトのせいだ。

 デフォルトでは、sudoを使用しない状態が5分間続くと、必ずパスワードの入力を促される。マシンから少しの間離れるとき、sudoを使用しない状態が5分間続いた後で誰かがやってきて、最初にパスワードを入力することなくsudoコマンドを実行してしまうのではないかと不安な人にとっては、これは素晴らしい機能だ。

 しかし、時として、筆者はその挙動を少し変える必要がある。物理的にしかアクセスできないマシンで作業しており、sudoのタイムアウトを少し延長したい場合は特にそうだ。あるいは、人の往来の激しいエリアにマシンがある場合は、デフォルトの挙動を変更して、sudoが(経過時間に関係なく)常にパスワードを要求するようにした方がいいかもしれない。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1488文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ネットワーク管理者を不幸にする真犯人は?SD-WANをマンガで解説
  2. 【事例】各業界のAI導入事例に学ぶ、陥りがちな「穴」と自社に適したAI活用の進め方
  3. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性
  4. 長期保存データの最適解! 自動階層化+クラウドオフロードを簡単に実現するには
  5. 移行が本格化! 今こそ問うべきクラウドセキュリティ「5つの都市伝説」

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]