VR・AR

モジラのVR向けブラウザ「Firefox Reality」--キーボード表示や音声検索が可能

モジラは米国時間9月18日、「Firefox Reality」のバージョン1.0をリリースした。このウェブブラウザは、スタンドアロンの仮想現実(VR)および拡張現実(AR)ヘッドセットで動作させることを明確に意図して開発されたもの。

 Mozillaは米国時間9月18日、「Firefox Reality」のバージョン1.0をリリースした。このウェブブラウザは、スタンドアロンの仮想現実(VR)および拡張現実(AR)ヘッドセットで動作させることを明確に意図して開発されたもの。Firefox Realityは現在、Viveport、Oculus、Daydreamの各アプリストアで提供されている。

 Firefox Realityでは、ユーザーが2Dのウェブサイトから没入型のウェブ体験に切り替えられるようになっている。Mozillaが2018年4月にFirefox Realityに関する取り組みを発表したとおり、同ブラウザはオープンソースで、メーカー各社が独自のプラットフォームに同ブラウザを組み込めるようになっている。Mozillaによると、最初のリリースは、VRにおけるウェブの閲覧はどうあるべきかという問いに対するいくつかの答えを提示するものだという。

 Mozillaの新興テクノロジ担当マーケティング責任者のDan Brown氏は米ZDNetの取材に対し、「デスクトップは慣れ親しんでいるエクスペリエンスだ」と述べている。それに対して「(VR)ヘッドセットを装着すると、完全に没入でき、何もかもが一変する」(Brown氏)

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約715文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  3. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  4. どうなる製造業! 変革期に求められるサブスクリプション対応
  5. [サーバ、ネットワーク、ストレージ]の3Tier構造に少しでも限界を感じたら

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]