ウェアラブル

「Apple Watch Series 4」入門--画面が大きくなり新たな健康関連機能を追加

アップルが新たに発表した同社スマートウォッチ「Apple Watch Series 4」。ここでは、Apple Watch Series 4がどのような製品なのかを知るために必要な情報を詳しくお伝えする。

 「Apple Watch」は、今や世界No.1の腕時計だ。Appleの最高経営責任者(CEO)Tim Cook氏はそう語りながら、Appleの最新スマートウォッチ「Apple Watch Series 4」を発表した。同氏によれば、この新しいApple Watchは、ユーザーが常につながり、一段とアクティブな毎日を過ごし、より適切な方法で健康を管理する手助けをするという。また、進化した通話機能や出張時に便利な通知機能など、ビジネスユーザーに役立つさまざまな機能を提供する。

 この「Apple Watch Series 4」入門記事では、このウェアラブルデバイスが役に立つかどうかを知るために必要な情報を詳しくお伝えする。

どんなものなのか

 Apple Watch Series 4はAppleの最新スマートウォッチで、カリフォルニア州クパチーノで米国時間9月12日に開催されたイベントにおいて発表された。Apple Watch Series 4では、新たなディスプレイの採用でデザインを一新し、画面サイズがこれまでより30%大きくなった。背面は、黒のセラミックとサファイアクリスタルで構成されている。また、心拍数を通知したり心電図を取ったりできるさまざまな健康関連機能が追加された。搭載するOSは、9月に入ってリリースされた「watchOS 5」だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3106文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]