コミュニケーション

週の半分以上出社でOK--7割がテレワークするサントリーの働き方改革の要諦

2010年から働き方改革を進めているサントリーグループは、7割がテレワークを活用している。背景にあるのは「働き方改革は、競争に勝ち抜くために必要なもの」というトップの意識だ。

 7月11~13日に開催されたイベント「総務・人事・経理ワールド2018」。構成する8つの専門展のひとつ「働き方改革EXPO」にサントリーホールディングス ヒューマンリソース本部 人事部 ダイバーシティ推進室で室長を務められる弥富洋子氏が登壇。「全社員の7割がテレワークを活用! サントリー流の働き方改革とは?」をテーマに講演した。

 創業から119年、脈々と受け継がれる「やってみなはれ」という失敗を恐れず自ら旗を振り、諦めずに最後までやりきるという精神。サントリーは働き方に関する取り組みにおいても、この「やってみなはれ」精神は色濃く反映されている。

 ことテレワークにおいては、全従業員の約7割がその制度を活用しているという。2005年から次世代育成支援施策として育児休暇期間の延長や子どもの看護休暇の有給化、柔軟な勤務体系の導入を図り、2008年以降はより柔軟な働き方の実現や長時間労働の是正に努めてきたと弥富氏。2010年から取り組みが開始された「S流仕事術」によって、働き方改革により一層の弾みをつけた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1474文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  2. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  3. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]