コミュニケーション

“1日の勤務時間は8時間”で働き方を見直す--日産流テレワークの勘所

ダイバーシティの流れで働き方改革に取り組んでいる日産自動車は、在宅勤務の一環としてテレワークも採用している。背景にあるのは1日8時間の勤務時間を意識して働き方を見直す「Happy8」プログラムだ。

 1999年の仏自動車メーカーRenaultとの提携がきっかけとなり、日産自動車は多様性(ダイバーシティ)への取り組みを進めている。ダイバーシティの取り組みを進める中で日産自動車は2006年からテレワークも取り入れるようになっている。

 7月11~13日に開催された「総務・人事・経理ワールド2018」の中で8つの専門展のひとつ「働き方改革EXPO」で昨今注目を集めているテレワーク事例をテーマにした特別講演に日産自動車 ダイバーシティディベロップメントオフィス室長 白井恵里香氏が登壇。「働き方改革Happy8~生産性向上に向けた日産自動車の取り組み~」と題して講演した。

 2004年に白井氏が室長を務めるダイバーシティディベロップメントオフィスが開設され、翌2005年には厚木テクニカルセンターに社内託児所を、2006年には母性保護休職制度の導入や時短勤務や育児休暇の延長取得、在宅勤務制度を導入するなど、精力的に働き方の最適化に着手してきた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1579文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. チャットボットは期待薄!? 世界の企業幹部が明かす「生き残る/消えるテクノロジー」
  2. 多様な働き方とデバイスをサポート! 「フルクラウド電話サービス」のインパクト
  3. 顧客を知り、顧客に合わせるのに欠かせない「NPS」を知っていますか?
  4. 中国の通信事情「知らなかった」では済まされないワケ─日中間越境通信を安全に行う方法とは
  5. AIが同僚に!IT運用人材の不足をテクノロジーでカバー--新時代のサーバ運用術

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]