ノンプログラミング開発ツール

クチコミも活用--ポーラが目指す“ワクワクできる”システムの広め方

ポーラは社内システムの開発にノンプログラミング開発ツール「kintone」を採用。開発した後での社内での展開方法も工夫している。背景にあるのは「ワクワクできる」ことだ。

 ノンプログラミング開発ツール「kintone」のユーザー同士が一堂に会し、kintoneによる業務改善プロジェクト成功の秘訣や活用のコツをそれぞれの視点で解説、貴重なノウハウやアイデアを交換するリアルイベント「kintone hive」。3月の福岡から始まり、仙台、名古屋、大阪を経て、東京でフィナーレを迎えた。

 ポーラのTBエリア統括部の伊藤祐輔氏が「シナプス型展開でイノベーションを創造する」というテーマで登壇、同社でのkintoneの活用術を語った。

情報を入手する手間は大きな割合を占める

 伊藤氏はまず「154万2400」という数字を示した。この数字は、業務で行っている1年間の情報処理の“複雑度”であるという。

 伊藤氏が調査したところ、1日平均約400の情報に触れているという。その情報を取りに行く先の数は約16カ所、これに1年間の稼働日数である241を掛けると、154万2400という数字が導き出される。「情報数×入手先数×日数」というわけだ。これだけの複雑な情報を処理、判断していることになる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2947文字 ログインして続きを読んでください。

「ノンプログラミング開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]