セキュリティ

「Windows Defender Application Guard」で「Edge」を保護--MSのブラウザセキュリティ

サイバー攻撃は不特定多数のユーザーを狙う手法から、標的型攻撃に移り変わっている。巧妙化する攻撃を防ぐ手段の1つが、「Windows 10」の一部のエディションで利用できる「Windows Defender Application Guard」(WDAG)だ。

 ネットワークのセキュリティが向上するにつれて、攻撃者はファイアウォールなどのセキュリティツールを回避する新たな手段を見つけなければならなくなっている。これまではネットワークへの全面的な攻撃で侵入できていたかもしれないが、今では標的型攻撃によってマルウェアを挿入し、主要スタッフへのフィッシングをしかけてくるようになった。攻撃者は電子メールやウェブなど、ユーザーが利用するツールに目をつけ、保護されたネットワークをすり抜ける方法を探し出している。

 こうした新しい攻撃の主な標的の1つがブラウザだ。偽装ドメインやFast Flux DNSシステムを利用されると、従来の方法で悪意あるウェブサイトをブロックするのは難しい。また、特殊化された標的型攻撃では、信頼できるサイトやサービスとの区別がつきにくく、もっともらしいサイト証明書や精巧な偽DNSアドレスまで使用されることもある。攻撃サイトが特定の個人を標的とする場合、どうすれば企業を保護できるのだろうか。

WDAGとは

 選択肢の1つは、Microsoftの「Windows Defender Application Guard」(WDAG)だ。当初は「Windows 10 Enterprise」エディション限定で提供されていたが、現在では「Windows 10 Professional」でも利用できる。カスタム性の高い仮想化レイヤによって、Windows 10の「Microsoft Edge」ブラウザを信頼できないサイトから保護するツールだ。ベースは「Hyper-V」で、対応するハードウェアを搭載し、BIOS設定で仮想化が有効になっているPCでのみ使用できる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3467文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]