RPA

三井住友信託、RPAを全社展開--サーバ型を選択、15万時間の自動化見込む

三井住友信託銀行がRPAの全社展開を進めている。RPAで対応するか、新規にアプリケーションを開発するかを本部が集中的に判断、管理する流れを整備。1年で約60のロボットを開発、15万時間の自動化を見込んでいる。

 三井住友信託銀行がロボティックプロセスオートメーション(RPA)の全社展開を進めている。サーバ型RPA管理ツール「UiPath Orchestrator」を導入、4月から運用を開始。1年で約15万時間、3年後に50万時間の削減を目指しているという。9月11日、導入を支援するソフトウェアベンダーのUiPathが発表した。

 RPAを活用し、単純作業の時間削減を検討していた三井住友信託銀行。業務が少量多品種なため、標準化による生産性向上は期待できないと考えていたという。デスクトップ型RPAを導入し運用も含めて業務部門に委ね、年間5700時間の業務自動化を見込んでいたとしている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約707文字 ログインして続きを読んでください。

「RPA」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]