経費精算・旅費精算 コンカー

出張中の従業員の安全を確保する「Concur Locate」、日本市場に投入

海外に出張中の従業員の安全を確保するためのサービス「Concur Locate」がリリースされた。出張中に「トラブルに巻き込まれる可能性が高まっていると感じる割合は78%」という状況に対応する。

 コンカーは9月10日、従業員危機管理に関する調査結果を発表するとともに同日リリースした「Concur Locate」日本版をアピールした。

 Concur Locateは出張する従業員のリスク通知など、企業の安全配慮義務を強化するサービスとして既に米国でリリースしているが、国内企業でも高まりつつある従業員危機管理意識を背景に、日本版を市場投入する。同社は2022年までの導入社数248社を目指す。

 フライトのオンラインチェックインやゲート変更通知、海外での交通手段やリスク情報を確認する旅程管理サービス「TripIt Pro」は2019年上半期リリースを予定し、2022年までに232社の導入を目標に掲げた。

 コンカーとマクロミルによる5月の共同調査によれば、治安情勢の悪い地域へ渡航経験は54%、トラブルに巻き込まれる可能性が高まっていると感じる割合は78%と実に高い。そのトラブルも3位に盗難や傷害といった事件や事故、4位には大雨や大雪などの悪天候がランクインしている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2096文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  2. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  3. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. 講演関連資料:クラウド型コンタクトセンター導入の3つのポイント

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]