NAS NEC

NIAS:2ステップで不要なファイルを整理するファイルサーバ統合管理ソフト

ファイルサーバ統合管理ソフト「NIAS」は2ステップでファイルサーバの不要なファイルを削減、整理する。世界中に分散したファイルサーバも全社共通の運用ルールで管理できる。

NIASのポイント

  • 利用状況をグラフ化、容量不足時期を予測
  • 重複ファイルや長期間未参照ファイルを洗い出し、自動的に整理可能
  • 世界中に分散したファイルサーバを全社共通の運用ルールで管理可能

NIASの製品解説

 NECの「NIAS(NEC Information Assessment System)」は、ファイルサーバ統合管理ソフトウェア。2ステップでファイルサーバの不要なファイルを削減、整理し、コストを最適化できるという。

編集部おすすめの関連記事

 ステップ1では、まずファイルサーバ状況を可視化する。利用状況が一目瞭然になるため、ファイルサーバの容量不足時期の予測を見れば、次期ディスク増設のタイミングを決めることが可能。

 利用状況もグラフ化されているので、定期的に容量を削減した効果や推移を簡単に確認できるほか、最も効果的なファイルサーバの整理条件を自動的にお勧めしてくれる。

 NEC独自のインメモリデータベース技術を活用して、その場で条件を追加、変更し、ファイルサーバの肥大化要因をリアルタイムに分析できる。クロス集計や削減効果シミュレーションなどの機能を使って素早くスムーズに整理条件の特定が可能だ。

 ステップ2では、分析効果に従って効率的に整理する。利用者に整理を依頼する場合、ステップ1で洗い出した不要と思われるファイルのリストを利用者にメールで送付。

 利用者は、別の条件をつけ加えてリストをさらに絞り込めるなど、本当に不要なファイルだけを整理可能。設定した整理ポリシーに従って重複ファイルや長期間未参照ファイルなどを洗い出し、自動的に整理することも可能。

 アクセス権の設定も簡単かつスピーディーに行える。アクセス権の設定をシングルウィンドウで確認、修正できるだけでなく、ツリービュー上でフォルダのアクセス権の設定状況を比較可能なため、イレギュラーな状態でアクセス権が付与されているフォルダを可視化。各フォルダのアクセス権の設定状況を親子関係で比較してツリービュー上で把握できる。

 世界中に分散したファイルサーバを全社共通の運用ルールで管理できる。海外拠点や工場、店舗など世界中の拠点にあるファイルサーバの情報をエージェントサーバが収集して、本社などにあるNIAS管理サーバに集約することで一括管理する。

 リソース管理オプションを活用すれば、組織改変やプロジェクト対応などで発生する、ファイルサーバの割り当て設定やアクセス権設定など煩雑な作業を一元管理することも可能だ。設定作業は現場部門やプロジェクト担当者に権限を委譲できるほか、申請や承認をシステム化するワークフロー機能も搭載。運用管理者の負担を軽減するとともに、設定ミスを防ぎ、業務の効率化を支援してくれる。

 個人情報検出オプションでは、ファイルサーバ内で個人情報が含まれているファイルを検出する。ファイル暗号化オプションを活用すれば、隔離された個人情報が含まれるファイルを自動的に暗号化する。

NIASのまとめ
用途と機能ファイルサーバ統合管理ソフトウェア
特徴2ステップでファイルサーバの不要なファイルを削減、整理。アクセス権の設定をシングルウィンドウで確認、修正。イレギュラーな状態でアクセス権が付与されているフォルダを可視化。リソース管理オプションでファイルサーバの割り当て設定やアクセス権設定など煩雑な作業を一元管理。個人情報検出オプションでは、ファイルサーバ内で個人情報が含まれているファイルを検出
税別価格基本ライセンス:50万円~
リソース管理オプション:50万円~
個人情報検出オプション:50万円~
導入企業竹中土木、住友電装、gloopsなど

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]