PaaS TIS

ROUNDAHEAD:PCI DSS準拠のPaaS--API管理基盤とアプリ実行基盤で構成

PaaS「ROUNDAHEAD」は、PCI DSSに準拠。APIマネジメント基盤とアプリケーション実行基盤で構成されている。

ROUNDAHEADのポイント

  • API管理基盤とアプリケーション実行基盤を利用可能
  • API基盤をユーザー企業ごとに区分け、安全にAPI公開
  • 実行環境の構築、リリース作業を自動化

ROUNDAHEADの製品解説

 TISの「ROUNDAHEAD」は、クレジットカード業界のデータセキュリティ基準「PCI DSS」に準拠したPaaS。素早くフロントエンドサービスを立ち上げたい企業向けとしている。

編集部おすすめの関連記事

 API管理基盤「ROUNDAHEAD for API」と、オープンソースソフトウェア(OSS)のPaaSフレームワーク「Pivotal Cloud Foundry」をベースとするアプリケーション実行基盤「ROUNDAHEAD by CAP(Cloud Application Platform)」で構成されている。

 ROUNDAHEAD for APIは、APIを公開するためのAPIゲートウェイや公開したAPIを管理するAPIマネージャー、開発者向けにAPI仕様を公開するポータルなどを月額で利用できる。PCI DSS準拠のセキュアなAPI基盤に利用企業ごとの区画が設けられ、安全にAPIを公開、APIを活用したサービスを管理できる。

 ROUNDAHEAD by CAPは、「アプリケーションインスタンス」「インターネット回線」「開発ツール」「PCI DSS運用」などを利用できる。

 アプリケーションインスタンスでは、JavaやGo、PHP、Ruby、.NETなどの実行環境が提供される。自動実装機能で実行環境の構築、リリース作業を自動化可能。アプリケーション実行に必要なランタイム、ミドルウェアはbuildpack形式で提供され、パッチ適用は基盤側で一元管理する。共有のリレーショナルデータベース(RDB)も利用できる。

 インターネット回線は共有型の100Mbps。オプションでインターネットVPN、専用線敷設も可能。開発ツールはアプリケーションインスタンスと合わせて継続的インテグレーション(CI)/継続的デリバリ(CD)環境、GitLab環境、アプリケーション管理GUI、プライベートリポジトリを利用できる。

ROUNDAHEADのまとめ
用途と機能PCI DSSに準拠したセキュアなクラウド基盤
特徴APIを公開するためのAPIゲートウェイや公開したAPIを管理するAPIマネージャー、開発者向けにAPI仕様を公開するポータルなどを月額で利用。JavaやGo、PHP、Ruby、.NETなどの実行環境が提供。アプリケーション実行に必要なランタイム、ミドルウェアはbuildpack形式で提供
税別価格ROUNDAHEAD for API
初期費用:350万円、月額費用:150万円(100万APIコールあたり)
ROUNDAHEAD by CAP
月額費用:70万円~(基本料金:40万円、1インスタンス:30万円)

「PaaS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 企業価値を「デジタル由来」に転換--大企業のDXをハッカソンで支える日本マイクロソフト
  2. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. 6割のサイバー攻撃ではマルウェアは使われていない事実が判明─求められる新たな防御戦略とは
  5. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]