PaaS TIS

ROUNDAHEAD:PCI DSS準拠のPaaS--API管理基盤とアプリ実行基盤で構成

PaaS「ROUNDAHEAD」は、PCI DSSに準拠。APIマネジメント基盤とアプリケーション実行基盤で構成されている。

ROUNDAHEADのポイント

  • API管理基盤とアプリケーション実行基盤を利用可能
  • API基盤をユーザー企業ごとに区分け、安全にAPI公開
  • 実行環境の構築、リリース作業を自動化

ROUNDAHEADの製品解説

 TISの「ROUNDAHEAD」は、クレジットカード業界のデータセキュリティ基準「PCI DSS」に準拠したPaaS。素早くフロントエンドサービスを立ち上げたい企業向けとしている。

編集部おすすめの関連記事

 API管理基盤「ROUNDAHEAD for API」と、オープンソースソフトウェア(OSS)のPaaSフレームワーク「Pivotal Cloud Foundry」をベースとするアプリケーション実行基盤「ROUNDAHEAD by CAP(Cloud Application Platform)」で構成されている。

 ROUNDAHEAD for APIは、APIを公開するためのAPIゲートウェイや公開したAPIを管理するAPIマネージャー、開発者向けにAPI仕様を公開するポータルなどを月額で利用できる。PCI DSS準拠のセキュアなAPI基盤に利用企業ごとの区画が設けられ、安全にAPIを公開、APIを活用したサービスを管理できる。

 ROUNDAHEAD by CAPは、「アプリケーションインスタンス」「インターネット回線」「開発ツール」「PCI DSS運用」などを利用できる。

 アプリケーションインスタンスでは、JavaやGo、PHP、Ruby、.NETなどの実行環境が提供される。自動実装機能で実行環境の構築、リリース作業を自動化可能。アプリケーション実行に必要なランタイム、ミドルウェアはbuildpack形式で提供され、パッチ適用は基盤側で一元管理する。共有のリレーショナルデータベース(RDB)も利用できる。

 インターネット回線は共有型の100Mbps。オプションでインターネットVPN、専用線敷設も可能。開発ツールはアプリケーションインスタンスと合わせて継続的インテグレーション(CI)/継続的デリバリ(CD)環境、GitLab環境、アプリケーション管理GUI、プライベートリポジトリを利用できる。

ROUNDAHEADのまとめ
用途と機能PCI DSSに準拠したセキュアなクラウド基盤
特徴APIを公開するためのAPIゲートウェイや公開したAPIを管理するAPIマネージャー、開発者向けにAPI仕様を公開するポータルなどを月額で利用。JavaやGo、PHP、Ruby、.NETなどの実行環境が提供。アプリケーション実行に必要なランタイム、ミドルウェアはbuildpack形式で提供
税別価格ROUNDAHEAD for API
初期費用:350万円、月額費用:150万円(100万APIコールあたり)
ROUNDAHEAD by CAP
月額費用:70万円~(基本料金:40万円、1インスタンス:30万円)

「PaaS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]