OS・ミドルウェア

Linuxでテキストベースのパスワードマネージャを使用--「Titan」の場合

「Titan」はシンプルなテキストベースのパスワードマネージャだ。本記事では、Titanをインストールして使用する方法を説明する。

 現実を直視しよう。あなたはパスワードマネージャの使用を開始する必要がある。この期に及んで、暗記できるパスワードを使うことは、自らトラブルを招いているに等しい。そのようなパスワードを使っていると、あなたのユーザーアカウントがハッキング被害に遭うのは、それが起きるかどうかではなく、いつ起きるかという問題になる。社内のサーバ(企業や顧客のデータが含まれている可能性もある)を扱っている場合、最も避けなければならないのは、脆弱なパスワードを使用しているという理由だけで、何者かにそのデータにアクセスされてしまうことだ。

 それを回避するために、非常に強力なパスワード、つまり絶対に覚えられないようなパスワードの実装に着手すべき時期が来ている。このようなパスワードを使う場合、パスワードを取得する機能が必要になる。そこでパスワードマネージャの出番だ。デジタル空間に石を投げ込むと、こうしたツールにいくつも当たるはずだ。しかし、ほとんどのパスワードマネージャにはGUIが必要だ。GUIのないサーバでパスワードマネージャを利用したい場合は、どうすればいいのだろうか。そういうときは、「Titan」のようなツールを利用するといい。

 Titanはシンプルなテキストベースのパスワードマネージャで、「SQlite」を使用してパスワードを保存し(パスワードは全てAES暗号化を使用して保存される)、「openSSL」ライブラリを使って暗号化を実行する。テキストベースのパスワードマネージャが必要な人にとって、Titanはおそらく最適な選択肢になり得るはずだ。

 本記事では、「Ubuntu Server 16.04」を使って、Titanパスワードマネージャをインストールして使用する方法を説明する。このインストール方法は、ほとんどのLinuxディストリビューションで有効なはずだ(ここで説明しているように、インストール方法に多少の変更を加える必要がある)。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2341文字 ログインして続きを読んでください。

「OS・ミドルウェア」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. コンテナセキュリティ入門ーコンテナ保護の基礎知識
  3. 前経済産業省審議官 三角育生氏が語る「新時代のセキュリティ対策」
  4. 悲惨な「ひとり情シス」を脱却するための7つの話題!うまく回している人が実践していることとは?
  5. 見えてきた“悪意のあるインフラストラクチャ”の恐るべき実態

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]