OS・ミドルウェア

Linuxでテキストベースのパスワードマネージャを使用--「Titan」の場合

「Titan」はシンプルなテキストベースのパスワードマネージャだ。本記事では、Titanをインストールして使用する方法を説明する。

 現実を直視しよう。あなたはパスワードマネージャの使用を開始する必要がある。この期に及んで、暗記できるパスワードを使うことは、自らトラブルを招いているに等しい。そのようなパスワードを使っていると、あなたのユーザーアカウントがハッキング被害に遭うのは、それが起きるかどうかではなく、いつ起きるかという問題になる。社内のサーバ(企業や顧客のデータが含まれている可能性もある)を扱っている場合、最も避けなければならないのは、脆弱なパスワードを使用しているという理由だけで、何者かにそのデータにアクセスされてしまうことだ。

 それを回避するために、非常に強力なパスワード、つまり絶対に覚えられないようなパスワードの実装に着手すべき時期が来ている。このようなパスワードを使う場合、パスワードを取得する機能が必要になる。そこでパスワードマネージャの出番だ。デジタル空間に石を投げ込むと、こうしたツールにいくつも当たるはずだ。しかし、ほとんどのパスワードマネージャにはGUIが必要だ。GUIのないサーバでパスワードマネージャを利用したい場合は、どうすればいいのだろうか。そういうときは、「Titan」のようなツールを利用するといい。

 Titanはシンプルなテキストベースのパスワードマネージャで、「SQlite」を使用してパスワードを保存し(パスワードは全てAES暗号化を使用して保存される)、「openSSL」ライブラリを使って暗号化を実行する。テキストベースのパスワードマネージャが必要な人にとって、Titanはおそらく最適な選択肢になり得るはずだ。

 本記事では、「Ubuntu Server 16.04」を使って、Titanパスワードマネージャをインストールして使用する方法を説明する。このインストール方法は、ほとんどのLinuxディストリビューションで有効なはずだ(ここで説明しているように、インストール方法に多少の変更を加える必要がある)。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2341文字 ログインして続きを読んでください。

「OS・ミドルウェア」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]