人事・労務

高まるフリーランス志向--ジェネレーションZの就労意識

Upworkの最新レポートによると、ジェネレーションZは他の世代よりもフリーランスとして働くことを選択する比率が高いという。

 Upworkが発表した調査レポートによると、仕事をしているジェネレーションZのうち半数近く(46%)がフリーランスで、今後5年でその割合は増加するという。この調査はUpworkとFreelancers UnionがEdelman Intelligenceに委託したもので、18歳以上の仕事を持つ米国人6000人を対象に実施された。

 プレスリリースによると、ジェネレーションZは今日の労働人口を構成する世代としては最も若く、1997年から2000年の間に生まれた世代を指す。今後5年のうちに米国では6100万人ものジェネレーションZが労働力に加わるとされており、その多くがフリーランスの仕事を従来の仕事に代えて、もしくは、従来の仕事とかけもちで選択するようになると見られる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約968文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. “AIのパラドックス”に陥らないために─AI導入成功に向けたロードマップを知る
  4. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  5. 世界的コンサルが直面したITプロジェクトの課題とは?可視化・省力化などを果たした解決への道に迫る

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]