RPA

第1回:「RPA」の言葉の定義と本質を考える

「働き方改革」の切り札として注目を集めるRPAだが、思ったほどの効果を得られないという声も聞こえつつある。RPAテクノロジーズ代表取締役社長の大角暢之氏が解説する。

 RPAテクノロジーズは設立して10年のロボティックプロセスオートメーション(RPA)専業カンパニーです。その前身であるオープンアソシエイツ(現RPAホールディングス)の設立は2000年で、当初から“ロボット”の派遣事業を展開していました。

 具体的には、システムエンジニアがソフトウェアのテストで利用する自動化ツールを応用し、顧客の定型業務を記録して作業を自動化する“ロボット”(プログラム)を、時給換算で貸し出すというサービスでした。われわれの主力製品である「BizRobo!」が誕生したのは2008年ですが、当時は「RPA」という概念すらありませんでした。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2419文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ医療機関は簡単にはIT変革を実現できないのか?“ならでは”の課題と解決策を探る
  2. IoT、AI、自動化で事業を組み上げよ--製造業のITのための最新テクノロジー完全ガイド
  3. レガシーアプリが貴社のイノベーションの妨げになっていませんか?抜本的なIT投資の見直し
  4. IoT/AI時代に求められるアナリティクス基盤“3つの着眼点”
  5. すぐに分析に利用できるデータは3割以下!?AIを活用した分析に向けデータ準備はどうあるべきか

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]