開発支援 富士通

Interdevelop AP Parts:さまざまな処理を汎用化したプログラム部品群

「FUJITSU Software Interdevelop AP Parts」は、さまざまな処理を汎用化したプログラム部品群。開発者は業務ロジックに注力でき、業務プログラムの開発を効率化できる。

FUJITSU Software Interdevelop AP Partsのポイント

  • ログデータ部品でログ形式の共通化が可能
  • メモリ操作や排他制御など、OSに直接命令するシステムコールも部品化
  • OSの専門知識がなくても業務アプリケーション開発が可能に

FUJITSU Software Interdevelop AP Partsの製品解説

 富士通の「FUJITSU Software Interdevelop AP Parts」は、業務アプリケーション開発時に必要となる、さまざまな処理を汎用化したプログラム部品群。開発量が削減され、業務ロジックの開発に注力できるようになる。

編集部おすすめの関連記事

 部品群は自社内での保守が不要で、自社開発部分についてもログデータ部品の利用によりログ形式の共通化が可能。障害発生時も迅速に調査できる。

 OSの専門知識が不要なのもポイントのひとつ。メモリ操作や排他制御など、OSに直接命令するシステムコールについても部品がラッピングされており、OSに対する専門知識がなくても業務アプリケーションを開発できる。

Interdevelop AP Partsの製品
製品名機能概要
MSGアプリケーションのメッセージ管理、出力。通知先をコンソールやSyslog、ファイルから選択可能
LOGユーザーログを蓄積、管理。ログの取得レベルや出力先の動的変更、ログダンプが可能
MEMORY TABLE共有メモリで高速テーブルアクセス。動的テーブル変更やマルチスレッドアクセスが可能
MEMORY TABLE ACCESS OPTIONMEMORY TABLEのオプション。共有メモリテーブルアクセスで一括更新が可能
DATE営業日を考慮したカレンダー機能、日付計算機能
DATE JDATEのJavaインターフェース
SS-DUMPアプリケーションデバッグ支援として論理トレースとアプリケーション異常終了時の情報を取得
CODEEUC、EBCDIC、JIS8、JIS7、JISC6226、78JIS、83JIS、16進、EUC大文字、EUC小文字他、コード変換機能を関数として提供
TIMERアプリケーション外部でタイマー監視
Logger Jアプリケーションが出力するメッセージやログデータを汎用的に一元管理
MEMORY TABLE JMEMORY TABLEのJavaインターフェース
CHK J入力データのチェック、入力データ変換、文字コード変換、暗号・複合化
DBAccessor業務プログラムにSQLを記述せず、代わりに簡単なAPIを指定するだけでデータベースへのアクセスを処理。DBモック機能や性能取得ツール、CRUD図作成ツールが含まれている
FUJITSU Software Interdevelop AP Partsのまとめ
用途と機能プログラム部品群
税別価格16万8000円~

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 乗換案内のジョルダンがインフラ基盤をHCIへ刷新、その効果とは
  2. 【マンガで解説!】Excelでの業務データ管理から脱却し、変化に強い企業に生まれ変わろう!
  3. 4社に1社が事故を経験! マルチクラウド時代のセキュリティとは
  4. アナリティクスのPDCAサイクルを自動化!マツモトキヨシのマーケティング戦略を支える分析基盤
  5. デジタル時代に“生き残る”金融企業と“消えていく”金融企業、その決定的な違いとは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]