POS

スマレジ:免税販売も可能なPOSサービス--軽減税率も予定

POSサービス「スマレジ」は、端末としてiPad/iPhoneを活用。商品管理、売上管理、在庫管理、顧客管理、売上分析などの機能を利用できる。免税販売や軽減税率にも対応している。

スマレジのポイント

  • パスポートリーダにも対応して帳票印刷も含めた免税販売が可能
  • 消費増税に伴う軽減税率にも対応予定
  • APIで外部システムとも連携可能

スマレジの製品解説

 「スマレジ」は、iPadやiPhoneを端末として活用する販売時点情報管理(POS)サービス。商品管理、売上管理、在庫管理、顧客管理、売上分析などの高機能を備えており、ウェブから申し込んですぐに利用開始できる。

編集部おすすめの関連記事

 アカウントを作成するだけでPOSを導入できる。メインエンジンがクラウド上にあり、定期的にアップデートが繰り返されるため、常に最新の機能を利用できる。

 販売管理では、商品を部門ごとにグループ分けして販売する部門販売が可能。在庫をいったん取り置き在庫にしておくことが可能。レシートにも明示できる単品や小計からの値引きや割り引きにも対応する。指定の商品をセットにして新しい商品としても販売することも可能だ。

 指定した商品をまとめた販売した場合に自動で割り引き、値引くことも可能。特定の商品にオプションをひも付けて販売することもできる。あらかじめ指定した期間に商品をひも付けて特別料金として半倍すことも可能。

 売上分析では、時間帯や日単位、月単位、曜日別、部門別、商品別などの項目分析やパレート図などでの分析が可能。取引タグ別や販売員別、端末別、客層別、店舗別などの取引軸での分析にも対応する。

 店舗ごとに予算を設定すると、売上分析などで予算と実績の推移をわかりやすく表示可能。顧客管理としては、端末上で会員情報を参照して過去の購買履歴と合計金額を確認できる。会員顧客にポイントの付与やポイントを利用した販売も可能。会員コードを設定できるので、バーコードの会員コードを採用すれば、より確実に販売業務をこなせるとしている。

 店舗をまたいだ特定商品の在庫数を参照。在庫の変動履歴も参照できる。誰がいつどこで何を何個どのような理由でロスしたのか詳細も記録できる。過去に発生したロスの履歴を検索、一覧で表示できる。

 店舗間での在庫移動にも対応する。他店に出庫を依頼して登録することもできる。発注情報を登録することで入荷担当者にいつ、どういう商品が入荷するのかを通知できる。

 パスポートリーダにも対応して帳票印刷も含めた免税販売が可能。Bluetoothで接続できるパスポートリーダは国際規格に基づいてパスポートの旅券番号や氏名、国籍などを一度に読み取る。画面で「内消費税」をタッチすると免税販売モードを表示できる。

 2019年10月に予定されている消費増税では、特定の品目の課税率をほかよりも低く定める軽減税率の導入が決められており、食料品などは軽減税率8%が適用される。軽減税率にも対応しており、制度内容決定次第アップデートされることが明らかになっている。

 外部システムとの連携を可能にする「スマレジAPI」、レシートプリンタやキャッシュドロアをはじめとした周辺機器、高機能でありながら直感的でシンプルなユーザーインターフェースも特徴としている。

 サービス品質水準(SLA)を定めている。万が一サーバが停止しても、販売業務に必要な機能が端末に備わっており、安心して販売業務を継続できる。アカウント作成から30日間は、すべての機能と電話による導入サポートを無料で利用可能だ。

 プランは「スタンダード」「プレミアム」「プレミアムプラス」「フードビジネス」「リテールビジネス」の5つ。スタンダードはゼロ円だが、使えるのはレジ機能のみ。

 プレミアム以降は対応する商品点数は10万。プレミアムプラス以降は顧客管理機能が搭載され、電話サポートも利用できる。フードビジネスはオーダーエントリ機能を加えた飲食店向けのフル機能が利用可能。リテールビジネスは小売業やアパレル向けの在庫機能がフルに活用可能。

スマレジのまとめ
用途と機能iPadやiPhoneで使えるPOSサービス
特徴部門販売やセットにした商品の値引き販売などさまざまな販売形態に対応。日次や月次などの期間別、部門別や商品別などの項目で売り上げを分析。在庫の変動履歴や店舗間の在庫移動も把握可能
税別料金(店舗あたり月額)
スタンダード:ゼロ円
プレミアム:4000円
プラミアムプラス:7000円
フードビジネス:1万円
リテールビジネス:1万2000円
導入企業なすび、Knot、ボカディレクション、ほか

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  2. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  3. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. 講演関連資料:クラウド型コンタクトセンター導入の3つのポイント

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]