EAI/ESB アステリア スターティア

Accessをデータ連携ツールに刷新--1日を1時間に、処理時間を5分の1に短縮

スターティアホールディングスは、データ連携ツールを導入。それまでのAccessでの処理を置きかえ、時間を5分の1に短縮したという。

 スターティアホールディングス(新宿区)は、データ連携ツール「ASTERIA WARP」を導入した。Accessで処理していたデータの抽出、加工、集計などの定型業務を自動化。処理時間を5分の1に短縮したという。9月4日、導入を支援したパナソニック インフォメーションシステムズ(大阪市北区、パナソニックIS)が発表した。

 システム構築などを中核とするスターティアホールディングス(従業員数589人、3月末現在)の情報システム部門では、グループ各社から依頼される売り上げデータの抽出や営業活動履歴の集計などを担当。抽出、加工、集計などの、データ処理を定型業務としているという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1091文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 情報システム主導のRPAプロジェクトがなぜか炎上するワケ - 成功ポイントは人事とシステムにあり
  2. 事例で学ぶ! RPA実践ガイド - オフィス業務を自動化して働き方改革を実現する8つのユースケース
  3. 【調査】Office 365やG Suiteなどの導入における様々な課題が明らかに!有効な解決策とは
  4. よくわかるCloud Access Security Broker(CASB)導入のポイント
  5. BCPに関する「10の落とし穴」に嵌っていませんか?HA導入時に抑えるべきポイントを解説

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]