RPA 富士通

Interdevelop Axelute:手順書を自動生成できるデスクトップ型RPAツール

RPAツール「FUJITSU Software Interdevelop Axelute」はデスクトップ型。シナリオには操作画面が表示されるので、プログラミングの知識がなくてもシナリオを編集できる。

FUJITSU Software Interdevelop Axeluteのポイント

  • 操作画面が表示され、プログラミングの知識がなくてもシナリオを編集可能
  • 画面をキャプチャ保存するのでシナリオ編集画面からExcel形式の手順書も作成
  • 記録方式はオブジェクトと座標の2方式

FUJITSU Software Interdevelop Axeluteの製品解説

 富士通の「FUJITSU Software Interdevelop Axelute」は、デスクトップ型のロボティックプロセスオートメーション(Robotic Process Automation:RPA)ツール。Windows 7/8.1/10、Windows Server 2008 R2/2012 R2をサポートする。

編集部おすすめの関連記事

 キーボードやマウスでの画面操作を記録してシナリオとして保存する。シナリオには操作画面が表示されるので、プログラミングの知識がなくてもシナリオを編集できる。繰り返しや条件分岐、ブレークポイントの設定も可能だ。

 シナリオ記録中に自動的に画面をキャプチャ保存するのでシナリオ編集画面からExcel形式の手順書も作成できる。記録方式はオブジェクトと座標の2方式。多重実行には対応していない。記録されたシナリオのスケジュールは別で管理する。

 クライアントPCやサーバの環境設定の自動化、ウイルス対策ソフトのインストールの自動化などのキッティング作業に活用できる。

 アプリケーションのテストにも活用できる。テスト実施時の大量の打鍵操作の自動化、打鍵した内容を操作手順書として自動生成、打鍵結果のエビデンスレポートの自動生成などに使える。

FUJITSU Software Interdevelop Axeluteのまとめ
用途と機能デスクトップ型RPAツール
特徴シナリオ記録中に自動的に画面をキャプチャ保存するのでシナリオ編集画面からExcel形式の手順書も作成。繰り返しや条件分岐、ブレークポイントの設定も可能

「RPA」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ホワイトペーパーランキング

  1. 社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント
  2. 真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門
  3. 家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう
  4. クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット
  5. サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]