RPA 富士通

Interdevelop Axelute:手順書を自動生成できるデスクトップ型RPAツール

RPAツール「FUJITSU Software Interdevelop Axelute」はデスクトップ型。シナリオには操作画面が表示されるので、プログラミングの知識がなくてもシナリオを編集できる。

FUJITSU Software Interdevelop Axeluteのポイント

  • 操作画面が表示され、プログラミングの知識がなくてもシナリオを編集可能
  • 画面をキャプチャ保存するのでシナリオ編集画面からExcel形式の手順書も作成
  • 記録方式はオブジェクトと座標の2方式

FUJITSU Software Interdevelop Axeluteの製品解説

 富士通の「FUJITSU Software Interdevelop Axelute」は、デスクトップ型のロボティックプロセスオートメーション(Robotic Process Automation:RPA)ツール。Windows 7/8.1/10、Windows Server 2008 R2/2012 R2をサポートする。

編集部おすすめの関連記事

 キーボードやマウスでの画面操作を記録してシナリオとして保存する。シナリオには操作画面が表示されるので、プログラミングの知識がなくてもシナリオを編集できる。繰り返しや条件分岐、ブレークポイントの設定も可能だ。

 シナリオ記録中に自動的に画面をキャプチャ保存するのでシナリオ編集画面からExcel形式の手順書も作成できる。記録方式はオブジェクトと座標の2方式。多重実行には対応していない。記録されたシナリオのスケジュールは別で管理する。

 クライアントPCやサーバの環境設定の自動化、ウイルス対策ソフトのインストールの自動化などのキッティング作業に活用できる。

 アプリケーションのテストにも活用できる。テスト実施時の大量の打鍵操作の自動化、打鍵した内容を操作手順書として自動生成、打鍵結果のエビデンスレポートの自動生成などに使える。

FUJITSU Software Interdevelop Axeluteのまとめ
用途と機能デスクトップ型RPAツール
特徴シナリオ記録中に自動的に画面をキャプチャ保存するのでシナリオ編集画面からExcel形式の手順書も作成。繰り返しや条件分岐、ブレークポイントの設定も可能

「RPA」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]