MDM スマートフォン

MAMと050番号付与でコストを3分の1に--BYODも可能に

NTTデータCCSは、「050番号」付与サービスとモバイルアプリ管理サービスを組み合わせて導入。安全なBYOD環境を確立し、コスト削減と生産性の向上を実現したという。

 NTTデータグループのNTTデータCCSは、モバイルアプリ管理(MAM)サービス「moconavi」を導入。携帯電話やスマートフォンなど、業務に利用するモバイルデバイスのコストを3分の1に削減したという。9月3日、moconaviを開発するレコモット(千代田区)が発表した。

 NTTデータCCSでは、2013年の時点で社員の約60%に会社貸与の携帯電話を支給。通信費など適正管理が課題となっていたという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約871文字 ログインして続きを読んでください。

「MDM」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]