OS・ミドルウェア

Linuxに「Windows」アプリをインストール--「Winepak」を利用した方法

デスクトップ「Linux」に移行したいが、自分の使用するツールは「Windows」でしか使えないので移行を諦めているというのであれば、解決方法はある。ここでは、「Winepak」を利用してLinuxに「Windows」アプリをインストールする方法を解説する。

 読者の皆さんが長年のLinuxユーザーなら、自分の作業をやり終えるのを手助けしてくれるソフトウェアタイトルがたくさんあることをご存知のはずだ。もし、皆さんがWindowsユーザーで、デスクトップLinuxに移行したいが、自分の使用するツールは「Windows」でしか使えないので移行を諦めているというのであれば、筆者がこれから話すことに驚かれるかもしれない。多くのWindowsアプリケーションはLinuxにインストールすることができる。実際、「Wine」のおかげでしばらく前から可能である。Wineは、LinuxやそのほかのPOSIX準拠のOS上でWindowsアプリケーションを実行できる互換レイヤだ。しかし、多くのユーザーにとって、Wine自体がちょっとした障壁になっている。Wineは必ずしも非常にユーザーフレンドリーなツールとはみなされていないからだ。しかし、そうした状況は変わろうとしている。それはなぜか。「Flatpak」という名称を聞いたことをあるだろうか。ご存知でない人のために説明しておくと、Flatpakは、ユーザーがアプリケーションをシステムのほかの部分から分離して実行できるサンドボックス環境を提供する。これらのアプリケーションはコンテナ化されるので、依存関係について心配する必要はない。ユーザーがそのコンテナをインストールすると、それが実行される。極めて単純だ。

 これをさらに魅力的にするのが、「Winepak」と呼ばれる新しいテクノロジだ。Winepakを使えば、Linuxにインストール可能な、コンテナ化されたWindowsアプリケーションを作成することができる。単一のコマンドで、WindowsアプリをLinuxにインストールできることを想像できるだろうか。本記事では、まさにそれを可能にする方法を紹介する。説明には「Elementary OS」を使用し、定評のあるテキストエディタ「Notepad++」をインストールする。

Flatpak

 実際の作業を開始する前に、まずFlatpakをインストールする必要がある。Flatpakがなければ、Winepakを利用できない。この必要不可欠なソフトウェアをインストールするには、以下の手順を実行する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1740文字 ログインして続きを読んでください。

「OS・ミドルウェア」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]