ECサイト Eストアー

「常時SSLはSEO対策に不可欠」EストアーがSSL証明書を永久に無料提供する理由

EストアーはECサイト構築システム「ショップサーブ」のユーザー企業にSSL証明書の無料提供を開始した。ブラウザ「Google Chrome」の今後の動きを見据えたものだ。

 Eストアーは8月28日、ECサイト構築システム「ショップサーブ」のユーザー企業の96.9%が“常時SSL”に対応する準備が整ったと発表した。Eストアーはショップサーブのユーザー企業にSSL証明書を永久に無料で提供することも始めた。8月6日に設立した子会社クロストラストが発行するSSL証明書を採用している。

 Eストアーが今回、こうした対応に踏み切ったのはウェブブラウザ「Google Chrome」の一連の動きが背景にある。Chromeを提供するGoogleは数年前から消費者保護の一環として、ウェブサイトの全ページで通信を暗号化する常時SSLを促してきている。

 その取り組みの一環として7月下旬にリリースされたChrome 68では、暗号化されていないHTTPでコンテンツを表示するページ全てでアドレスバーの隣に「保護されていない通信」を表示して警告を出している。サイトからHTTPS証明書が送信されていない状態にある場合は、接続が暗号化されていないために「接続はプライベートではありません」と警告されるようにもなっている。

 9月にも予定されているChrome 69では、HTTPSページのアドレスバーは「保護された通信」の代わりにカギのマークを表示。10月予定のChrome 70では、HTTPページでフォームに入力すると、アドレスバーの「保護されていない通信」を赤く表示するようにして、消費者により強い警告と見えるようになることが計画されている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1660文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  4. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]