オフィスソフト

「Excel」の範囲を選択--「VBA」を使ってスマートに

「Excel」で、範囲を対象とした操作を実行するのに「Visual Basic for Application」(VBA)を使うことはよくある。ここでは、対象となるセルをVBAにApplicationのSelectionプロパティを使って伝える方法を紹介する。

 「Excel」で、範囲を対象とした何らかの操作を実行するのに「Visual Basic for Application」(VBA)を使うことはよくあるが、そのためには、対象となるセルをVBAに伝える方法が必要だ。唯一ではないがいちばん簡単なのは、おそらく、ApplicationのSelectionプロパティを使うやり方だろう。この記事では2つのマクロを紹介する。1つ目は、範囲を選択してから実行するマクロ。2つ目は、マクロを実行する前と後、どちらでも範囲を選択できるマクロだ。選択した範囲には、ほぼあらゆる操作が可能だが、今回は、簡単なのでこの記事の焦点である「範囲選択」の手順に集中できるという理由から、塗りつぶしを選んだ。

 筆者は、64ビット版「Windows 10」の「Office 365」(「Excel 2016」デスクトップ)を使っているが、紹介するマクロは古いExcelでも動くだろう。自分のブックを使ってもいいし、デモ用の.xlsmファイル、.xlsファイル、および.basファイル(コードモジュール)をダウンロードしてもいい。ブラウザ版のExcelはマクロが使えない。マクロを作成したことがない人も、この記事で紹介する手順に従えば完成させられるはずだ。

前もって選択した範囲を操作する

 前もって選択した範囲に対してVBAを使った操作を実行するには、Rangeオブジェクトを作成して、そのオブジェクトを先に選択した範囲にセットする必要がある。これは思ったより簡単だ。今回この部分を実際にやっているのは、DimステートメントとSetステートメントの部分だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3597文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]