マーケ・営業 デル

パフォーマンスが高い第2新卒--なぜデルはインサイドセールスを増やすのか

デルが昨年に続いて今年もインサイドセールスを大幅に増員させる。その背景にあるのは、同社独自のインサイドセールスの手法だ。

 デルは8月29日、インサイドセールスの大幅増員と、昨年採用した人材の特徴と傾向をまとめた調査結果を発表した。同社は2017年5~8月の4カ月間、50人を超えるインサイドセールス(内勤営業)を採用し、今年度も昨年同様の採用計画を実施する。同社執行役員 広域営業統括本部超 清水博氏は「進化したインサイドセールス育成に向けて積極採用を開始する」と述べた。

 一般的にインサイドセールスと言えば、内勤による電話を通じた顧客とコミュニケーションを図った営業活動を指す単語だが、デル広域営業統括本部では物販よりも、顧客の重要な課題を理解した上で価値を提供するコンサルタント的なアプローチに注力している。その歴史は1992年までさかのぼり、「おそらく最古の組織化されたインサイドセールス」(清水氏)と説明し、中堅企業に向けた独立チームをグローバルで立ち上げたという。

 デルが昨年度に実施したインサイドセールス中途入社者に対して調査したところ、97%が入社時の教育カリキュラム研修に満足と回答し、95%がキャリア形成を描きやすいと、キャリアパスや資格強化を評価している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2669文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]