OCR AI・機械学習 富士ゼロックス

Smart Data Entry:AI活用したOCRで手書きを高速処理する帳票処理サービス

帳票処理サービス「Smart Data Entry」はOCRにAIを活用。入力から情報抽出、確認、データ出力までシームレスな流れを実現する。読み込みデータの確認や訂正を容易に行える機能を搭載する。

Smart Data Entryのポイント

  • 人間の視覚情報処理の仕組みを利用した独自AIの学習済みモデルを搭載
  • 手書き帳票に記載されたデータを読み込んでデータ化
  • 帳票処理の進捗状況を確認できる管理画面も用意

Smart Data Entryの製品解説

 富士ゼロックスの「Smart Data Entry」はクラウド型の手書き帳票処理サービス。光学文字認識(OCR)に人工知能(AI)を活用する。帳票処理業務の繰り返し作業を軽減し、入力から情報抽出、確認や訂正、データ出力までシームレスな流れを実現し、申請・届出受付、調査やアンケートなどの業務を支援するという。

編集部おすすめの関連記事

 チェックボックスや漢字、かななど手書き帳票に記載されたデータを読み込んでデータ化する。同社のDocuWorksプラグインを利用した確認・訂正UIを実現しており、読み込んだデータの確認や修正を容易になるとしている。

 帳票処理の進捗状況を確認できる管理画面も用意される。1帳票ごとの確認訂正画面に加え、アンケートビューも搭載する。チェックの有無や数字など同じ認識結果の画像を切り取って一覧表示できるため、間違い探しの要領で認識結果確認を短時間で行うことが可能だ。

 OCRには、人間の視覚情報処理の仕組みを利用した独自のAIで構築した学習済みモデルを搭載。人間が書いたさまざまな文字を深層学習したエンジンと、深層学習済みモデルを組み合わせている。

 同社の複合機との組み合わせでスキャンから情報抽出までをシームレスに動作させられるほか、他社製スキャナにも幅広く対応する。同社複合機で入力した帳票データはダイレクトに、他社スキャナ利用の場合はPC経由でクラウド上にアップされ、情報抽出される。確認・訂正処理などはPCからアクセスして可能。CVS形式で出力できるため、業務システムに情報を引き渡すことも可能となっている。

Smart Data Entryのまとめ
用途と機能クラウド型帳票処理サービス
特徴人間の視覚情報処理の仕組みを利用した独自のAIで構築した学習済みモデルを搭載。人間が書いたさまざまな文字を深層学習したエンジンと、深層学習済みモデルを組み合わせ。チェックボックスや漢字、かななど手書き帳票に記載されたデータを読み込んでデータ化
税別価格基本サービス:月額20万円(ユーザー数2人、処理ページ数2000、事前に有償の環境構築が必要)

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ医療機関は簡単にはIT変革を実現できないのか?“ならでは”の課題と解決策を探る
  2. IoT、AI、自動化で事業を組み上げよ--製造業のITのための最新テクノロジー完全ガイド
  3. デジタル時代に“生き残る”金融企業と“消えていく”金融企業、その決定的な違いとは?
  4. IoT/AI時代に求められるアナリティクス基盤“3つの着眼点”
  5. すぐに分析に利用できるデータは3割以下!?AIを活用した分析に向けデータ準備はどうあるべきか

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]