IaaS 富士通

FUJITSU Cloud Service for VMware LCP:専任が運用を担当するマネージドIaaS

IaaS「FUJITSU Cloud Service for VMware LCP」は「VMware vSphere」ベースで構築された仮想マシンを利用できる。富士通のデータセンターと専用線で接続して機密性を高められる。

FUJITSU Cloud Service for VMware LCPのポイント

  • 運用管理に関しては専任サービスマネージャーが担当
  • 富士通のデータセンターと専用線で接続
  • 24時間365日体制で監視してトラブルにも対応

FUJITSU Cloud Service for VMware LCPの製品解説

 富士通の「FUJITSU Cloud Service for VMware LCP」は富士通のデータセンターにある「VMware vSphere」ベースで構築された仮想インフラを利用できるIaaS。専用線で接続することで機密性の高いクラウド環境を利用できる。

編集部おすすめの関連記事

 要件に応じた導入運用サービスも併せて提供。「自社システムは保有したくないが機密性は維持したい」「基幹システムで利用したい」「ビジネスの成長にあわせ、スモールスタートで利用したい」といったニーズに応えてくれるという。

 仮想CPUあたりのメモリは1Gバイトでシステムディスクは60Gバイトか80Gバイト。仮想セグメントは1、仮想ファイアウォール1台が利用できる。

 各種申請対応、変更管理、性能も含めた定期レポーティングなど、運用管理に関しては専任サービスマネージャーが担当する。運用サービスは「ITIL」プロセスをベースにしている。

 24時間365日体制で監視してトラブルにも対応する。日本をはじめ米国や英国、ドイツ、オーストラリア、シンガポール、ブラジルでもサービスを提供しており、グローバルビジネスを展開する企業にも最適としている。

 オプションでWindows ServerとRed Hat Enterprise Linux(RHEL)も提供する。Windows Server 2008/2012/2016とRHELはサポートデスクサービスも利用できる。ストレージは増設可能。負荷分散装置(ロードバランサ)や仮想ファイアウォールも増設できる。

FUJITSU Cloud Service for VMware LCPのまとめ
用途と機能マネージドIaaS
特徴各種申請対応、変更管理、性能も含めた定期レポーティングなど、運用管理に関しては専任サービスマネージャーが担当。富士通のデータセンターと専用線で接続。Windows Server 2008/2012/2016とRHELはサポートデスクサービスも利用可能

「IaaS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]