RPA

年18万時間の業務を自動化--パーソルで浮かび上がるRPAの意外な“抵抗勢力”

パーソルはグループ全体の数%程度の業務をRPAで自動化したことで年間17.5万時間を削減している。RPAの有効性を見せつけているとも言えるが、そこには思わぬ抵抗勢力がいることも見えてきた。

 ロボティクスプロセスオートメーション(RPA)への注目が集まっているが、8月21日にパーソルホールディングスが開いた会見で同社グループのパーソルプロセス&テクノロジー(旧インテリジェンス ビジネスソリューションズ) ワークスイッチ事業部 ゼネラルマネジャー 成瀬岳人氏は「RPAの市場規模は2017~2021年の5年間で約5倍に成長し、Excelのように『使えて当たり前』」の時代がまもなく訪れると指摘。今後は、RPAと光学文字認識(OCR)、RPAと人工知能(AI)といった他の機能と組み合わせた業務利用が広がり、人々は想像力や運用力が求められる時代へシフトしていくと、RPAがもたらす未来を説明した。

 総合人材サービスを展開するパーソルホールディングス(旧テンプホールディングス)がRPA市場へ積極的に進出する背景には、労働人口の減少やRPAが普及期に達したことを意味する。パーソルグループは2017年5月にRPA推進室を設置して、派遣契約における契約延長・契約終了処理、人事処理業務など多数の業務をロボット化することで、2018年8月現在、年間17.5万時間を削減したという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2509文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  2. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  3. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]