人事・労務

“越境”させて自発性を醸成--サッポログループが進める人材育成の本質

サッポログループは人材施策として「越境プロモータープログラム」を展開している。その目的は“自らのキャリアは自ら切り拓く”マインドを持った人材を育成するためだ。

 人事戦略に「越境せよ」を掲げるサッポログループ。1876年に政府の開拓使が「札幌麦酒醸造所」を設立したことに端を発するサッポロビールでは、「潤いを創造し、豊かさに貢献する」の経営理念のもと、新たな製品開発と市場開拓を続けている。

 サッポログループは“人財育成”と“組織開発”を同時に切り開くべく、「越境プロモータープログラム」というユニークな人事施策を実施している。サッポロホールディングス 人事部 でキャリア形成支援グループリーダーを務める渋谷尚史氏は7月11日、東京ビックサイトで開催された「HR EXPO」内の“人材育成”がテーマのセミナーで「『人財育成』と『組織開発』の二兎を同時に得る、サッポログループの人財育成戦略」と題した講演に登壇した。

 「越境プロモータープログラム」は、ひと言で言うと、“自らのキャリアは自ら切り拓く”マインドを持った人財を育成するためのプログラム。“越境チーム”と呼ばれるグループのリーダーとメンバーを全国の地区本部や工場勤務の若手中堅社員から募集し、本社の受け入れ部署での3日間の実務体験を通して、垣根を越えて本社部署に提案するというもの。2~7月の活動期間中、月に1回は本社へチームが集合し、それ以外もSkypeやメール、電話などで議論を交わす。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1051文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  2. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  3. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]