ワークフロー インフォテック

Create!Webフロー:紙と同じ感覚で使えるワークフロー--プロセスを可視化

ワークフローシステム「Create!Webフロー」は、書類と同じ感覚で申請や承認を電子化できる。設定されたルートに各種のドキュメントを乗せて、業務フローを処理できる。

Create!Webフローのポイント

  • 申請書ごとの回付先を事前に確認、処理状況がアニメアイコンで一目で把握
  • ユーザー情報は組織階層にひも付けて管理、年度切り替えや人事異動にも対応
  • 役割権限や内容に応じて次の承認者を自動的に判定

Create!Webフローの製品解説

 インフォテックの「Create!Webフロー」は、紙による申請と承認の流れをウェブに再現したワークフローシステム。設定されたルートに各種のドキュメントを乗せて業務フローを処理できる。

編集部おすすめの関連記事

 交通費等の精算や稟議書、各種申請書の電子決裁として利用され、書類と同じ感覚で申請や承認を電子化できる。迷いなく操作ができ、承認ルートと進捗が一目で分かるユーザーインターフェース(UI)に加え、自由かつ直感的に紙イメージの申請書をデザイン、入力できる。

 申請書ごとの回付先を事前に確認できる。申請者や承認者、決裁者、閲覧者の処理状況がアニメーションアイコンで一目で把握できる。申請フォームはマウスで自由にデザイン可能。紙の申請書のデザインをそのまま再現することも可能。

 ユーザー情報は組織階層にひも付けて管理する。各申請書の承認ルートは所属や役割、申請者との関係で指定できる。組織情報は複数世代で保持、有効期間を設定して自動で切り替えられるようになっている。年度切り替えや人事異動、組織変更にも対応できる。

 組織階層や役割権限、申請書に入力された内容に応じて次の承認者を自動的に判定する。ANDやORのグループ承認、代理代行、手動による承認者の追加や変更、決裁後の閲覧や共有など複雑なフローにも対応可能としている。

 決裁されたらPDFで自動保管する。シングルサインオン(SSO)でシームレスに利用でき、データ参照や自動更新も行える。

Create!Webフローのまとめ
用途と機能ワークフローシステム
特徴申請フォームはマウスで自由にデザイン可能、紙の申請書のデザインをそのまま再現可能。組織情報は複数世代で保持、有効期間を設定して自動で切り替えられるようになっている。ANDやORのグループ承認、代理代行、手動による承認者の追加や変更、決裁後の閲覧や共有など複雑なフローにも対応
税別料金50ユーザーライセンス:60万円
導入企業TJMデザイン、エイコー、北里研究所、小田急電鉄、藤久ほか

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  4. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]