セキュリティ

企業が脅威に感じるセキュリティ侵害トップ5

サイバーセキュリティ脅威は単に技術的なものではなく、社会的かつ政治的になりつつある。AlienVaultが発表した2018年の脅威トップ5を紹介しよう。

 AlienVaultが7月に発表したレポートによると、企業が欧州連合(EU)の一般データ保護規制(GDPR)に準拠する中、サイバーセキュリティ対策は純粋な技術的なものから政治的なものへと移行しつつあるという。

 AlienVaultは、Infosecurity Europe 2018カンファレンスにてセキュリティ専門家900人を調査し、現在のサイバーセキュリティ脅威の状況について実態を把握した。回答者の約56%はサイバーセキュリティが政治の駒になりつつあると答えたという。この変化は、サイバーセキュリティは個人の生活のみならず社会にも浸透しているということを示している。

 ただし、GDPR準拠やGDPR対応不足といったデータに関する課題だけが企業にとっての焦点となっているわけではない。2018年、サイバーセキュリティ専門家にとっての懸念事項トップ5は以下の通りだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1141文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]