AI・機械学習

DRIPLA ML:Google Cloudベースの機械学習システム支援サービス

機械学習システム支援サービス「DRIPLA ML Solutions」は機械学習を導入して持続的に成果を上げる仕組み作りを支援する。「Google Cloud」を活用する。

DRIPLA ML Solutionsのポイント

  • 「機械学習を活用し、どのように経営に貢献するか」といった目的を明確化
  • 実際のデータによってどんな機械学習で何ができるのかを評価、検証
  • データサイエンティストが機械学習をハンズオンでトレーニング

DRIPLA ML Solutionsの製品解説

 吉積情報の「DRIPLA ML Solutions」は、機械学習(ML)システム支援サービス。「Google Cloud」を活用して深層学習(ディープラーニング)などのMLを利用してビジネス課題を解決したい企業に対し、持続的に成果を上げる仕組み作りを支援する。

編集部おすすめの関連記事

 サービスメニューとして「ML導入検討ワークショップ」「プロトタイプMLモデル作成」「MLシステム構築」「MLハンズオントレーニング」が用意されている。

 「ML導入検討ワークショップ」では、データサイエンティストがワークショップを通じて、ブレインストーミングやアドバイザリサービスを組み合わせることでニーズを抽出。機械学習活用の目的の明確化を図り、目標や効果のKPIの設定、仮説立案を実施する。

 「プロトタイプMLモデル作成」では、データサイエンティストが顧客のデータを使い、アイデアからプロトタイプの機械学習モデルを素早く作成。プロトタイプモデルを作成することで、アイデアが実現するのか、実際のデータによってどんな機械学習で何ができるのかを評価、検証し、投資対効果を見積り、優先順位を決定し、開発すべき機械学習システムの要求仕様を取りまとめる。

 「MLシステム構築」では、データの収集から準備、モデリング、予測・分類、意思決定支援などまで自動化する機械学習システムを構築。パーソナライゼーションやレコメンデーション、異常検知、不正防止、予測、分類、クラスタリング、最適化などのサービス開発に応用できる。

 「MLハンズオントレーニング」ではデータサイエンティストが社員向けに機械学習をハンズオンでトレーニングする。ビジネスに機械学習システムを導入し、持続的に成果を上げるためには、機械学習の知識を持った社員の積極的な関与が必要となる。機械学習モデルを進化、応用させることで、意思決定の精度を向上させたり、新たな課題に対応したりできるようになる。

 オープンソースソフトウェアの機械学習ライブラリ「TensorFlow」を利用するデータをベースに「Cloud Machine Learning」を活用してユーザー企業独自の機械学習モデルを構築できる。

 これとは別に、学習済みのモデルを利用できるAPIサービスも活用できる。利用できるAPIは動画分析の「Video Intelligence API」や画像分析の「Vision API」、音声認識の「Speech API」、テキスト分析の「Natural Language API」、翻訳の「Translation API」など。

 また、データを抽出、変換、ロードするETLツール「Cloud Dataprep」やデータウェアハウス(DWH)「BigQuery」、レポートやダッシュボードで共有できるビジネスインテリジェンス(BI)ツール「Data Studio」などを活用できる。

DRIPLA ML Solutionsのまとめ
用途と機能機械学習システム支援サービス
特徴ブレインストーミングやアドバイザリサービスを組み合わせることでニーズを抽出。実際のデータを使い、アイデアからプロトタイプの機械学習モデルを作成。実際のデータによってどんな機械学習で何ができるのかを評価、検証

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 本質的なコスト削減とアジリティ向上は“サーバーレスアプローチ”無くして実現不可能
  2. Pure Storageだから実現する機能!高性能と手軽さを両立させる“秘訣”教えます
  3. 12社のオールフラッシュアレイを徹底比較! 世界のバイヤーが参考にする「AFA製品評価ガイド」公開
  4. 企業価値は「データリテラシー」で5億ドル分の底上げも--では、御社がそれを獲得する取り組みの方法は?
  5. 問い合わせ対応業務が激変! AI技術で高精度・高速化した最新チャットボットはどうすごいのか

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]