スマートフォン 新興技術 ドローン

米国消費者の技術関連支出、2018年は過去最高の3770億ドル--スマートスピーカが貢献

Consumer Technology Association(CTA)は、米国消費者による技術関連デバイス、ソフトウェア、サービスの購入状況を調査し、その結果を発表した。それによると、2018年の総売上高は過去最高となる3770億ドルに達し、前年に比べ6%増える見通し。

 Consumer Technology Association(CTA)は、米国消費者による技術関連デバイス、ソフトウェア、サービスの購入状況を調査し、その結果を発表した。それによると、2018年の総売上高は過去最高となる3770億ドルに達し、前年に比べ6%増える見通し。

 人工知能(AI)および音声認識という技術と、高速な通信回線が組み合わさり、スマートスピーカやスマートホーム、スマートフォンといった製品が技術関連の売上高を押し上げたという。「AI、音声、コネクティビティにおける革新が、技術デバイスの利便性を高め、多機能化を進めている。そして、我々の生活を便利に変えてくれる」(CTA社長兼CEOのGary Shapiro氏)

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約836文字 ログインして続きを読んでください。

「スマートフォン」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]