RPA AI・機械学習 NTTデータ NTTドコモ

IT積極活用の運送会社、RPAとAIでドライバーの日報業務負荷を軽減

運送事業を中核とする富士運輸はITを積極的に活用。GPS端末のデータをもとにしたトラック動態管理システム「DoCoMAP」を開発している。そうした同社はドライバー不足に対応するためにRPAツールも取り入れている。

 NTTドコモ(ドコモ)は4月からロボティックプロセスオートメーション(RPA)ツール「WinActor」の販売を開始した。

 7月に開催されたイベント「RPA DIGITAL WORLD 2018」に登壇した、ドコモで法人ビジネス戦略部 アライアンス推進担当課長を務める若山健太郎氏は、2017年11月にWinActorを紹介され、「NTTグループの製品だからというよりも、日本製、日本語のインターフェースや使いやすさといった点に魅力を感じた」と取り扱いを決めた理由を説明。「RPAは良いツールだが、まだまだ日本でも活用は広まっていない。ドコモの力を使って日本全国に広めたい」(若山氏)と意気込む。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2442文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]