コミュニケーション

モビエージェント:ウェブのほかにLINEなどにも対応するチャットサポート

チャットサポートツール「モビエージェント」は、さまざまなサービスやチャネルで活用できる。AIやFAQ/CRMと連携し、チャットサポートに必要な機能が備えられている。

モビエージェントのポイント

  • ウェブサイト以外に「LINE」「Facebook Messenger」からも受け付けられる
  • 顧客サポートチームがすべての問い合わせに一元対応
  • Microsoftのボット開発フレームワークが対応するツールとも連携

モビエージェントの製品解説

 モビルスの「モビエージェント」は、さまざまなサービスやチャネルで活用できるチャットサポートツール。高いユーザビリティとカスタマイズ性を確保し、コンタクトセンターや顧客サポートオペレーションに最適化している。

編集部おすすめの関連記事

 ウェブサイトをはじめ、「LINE」「Facebook Messenger」からも問い合わせや申し込み、手続きを受け付けられる。「Slack」「LINE WORKS」「Microsoft Teams」「Skype」などボット開発フレームワーク「Microsoft Bot Framework」が対応するツールとも連携できる。

 顧客サポートチームがすべての問い合わせに一元対応し、人工知能(AI)やFAQ/CRMと連携してよくある質問への自動回答や資料請求などの定型手続きの自動受付、既存の顧客ベータベース情報に基づいた個別の接客やサポートも実現できる。

 待機中のログインオペレーター、対応中のチャット数、問い合わせ顧客の待ち訪問者数、最大待ち時間を可視化するリアルタイムモニタリング機能を搭載。問い合わせ件数やゲスト評価、オペレーターの応対処理時間などの統計情報を期間別で出力できるレポーティング機能を備え、管理画面上でのグラフ表示やCSV形式での出力も可能となっている。

 AIによる回答候補をオペレーター画面上に自動提案する「AI回答サジェスト」や個人情報など履歴として保存したくないメッセージの「メッセージ削除予約」、適した担当者へ引き継げる「チャット引継/転送」をはじめ、「ナレッジ登録/検索」「メッセージ自動翻訳」「定型文サジェスト」といったオペレーター支援機能も提供する。

モビエージェントのまとめ
用途と機能カスタマイズ可能なチャットサポートツール
特徴よくある質問への自動回答や資料請求などの定型手続きの自動受付、既存の顧客ベータベース情報に基づいた個別の接客やサポートも実現。待機中のログインオペレーター、対応中のチャット数、問い合わせ顧客の待ち訪問者数、最大待ち時間を可視化するリアルタイムモニタリング機能を搭載
税別価格初期設定:10万円から、ユーザーアカウント:1IDあたり1万2000円
メッセージ送信:無料(有人応答は無制限、自動応答は20万通まで)
導入企業富士通コミュニケーションサービス、KDDIエボルバ、ケイ・オプティコム、アニコム損害保険など

「コミュニケーション」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]