勤怠管理・労務管理

Smart kintAI:稼働時間などを判断してシフトを自動作成するサービス

「Smart kintAI」は、シフト調整や勤怠管理を半自動化するクラウドサービス。シフト計算や出勤依頼などの煩わしい業務を半自動化。勤怠管理にかかる工数を削減できる。

Smart kintAIのポイント

  • スマートフォンで出勤希望を申請
  • スタッフの能力や相性などを判断して最適なシフト表を自動作成
  • 人手が足りない時には最適なスタッフに自動でヘルプ依頼を送信

Smart kintAIの製品解説

 ジーエルシーの「Smart kintAI」は、シフト調整や勤怠管理を半自動化するクラウドサービスだ。人工知能(AI)を活用し、シフト計算や出勤依頼などの煩わしい業務を半自動化。工数を削減できる。

編集部おすすめの関連記事

 スタッフがスマートフォンからシフトを申請。AIがスタッフの能力や相性、稼働時間などを判断し、ボタンひとつで最適なシフト表を自動で作成する。マネージャーは確認するだけで済む。

 シフト調整にも対応しており、人手が足りない時にはAIが最適なスタッフに自動でヘルプ依頼を送信。回答結果をもとにシフトを修正する。

 人員配置を最適化することで余計な人員を減らして人件費を削減できる、需要に対しての人員不足を防ぐ、勤怠管理の人員工数を減らせるなどのメリットがある。

 シフト作成の工数を削減できるとともに正確性が向上できると説明。個別に出勤依頼を連絡する必要がなくなるため、心的負担を削減できるとしている。

Smart kintAIのまとめ
用途と機能シフト調整や勤怠管理を半自動化するクラウドサービス
特徴AIがスタッフの能力や相性、稼働時間などを判断し、ボタンひとつで最適なシフト表を自動で作成。人手が足りない時にはAIが最適なスタッフに自動でヘルプ依頼を送信。回答結果をもとにシフトを修正
税別料金通常プラン:1スタッフあたり月額200円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. NoSQL+SQLを実現! MySQLドキュメントストアはどう凄いのか
  2. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  3. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット
  4. フルスクラッチ開発の苦労がほぼゼロ!アプリでのファンベース構築も目指すNEC
  5. 人事異動前の対策が急務!ファイルサーバのアクセス権管理、よくある5つの課題と解決法

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]