データ分析 AI・機械学習 日本アイ・ビー・エム

IBM Cloud Private for Data:機械学習に必要なデータの収集、整備の基盤を構築

「IBM Cloud Private for Data」は、データの準備作業に対する工数削減を支援する。機械学習に必要なデータの収集や整備、分析を包括的に備えたプラットフォームを構築できる。

IBM Cloud Private for Dataのポイント

  • 機械学習に必要なデータの収集や整備、分析を包括的に支援
  • 行いたい分析に必要なデータをすぐに収集、活用
  • 機械学習に向けた学習データや学習モデルもカタログ化

IBM Cloud Private for Dataの製品解説

 日本IBMの「IBM Cloud Private for Data」は、データの収集や整備、分析を包括的に備え、データの準備作業に対する工数削減を支援するソフトウェア。機械学習に必要なデータの収集や整備、分析を包括的に備えたプラットフォームを構築できる。

編集部おすすめの関連記事

 単なるデータウェアハウス機能だけでなく、高度なデータサイエンスやデータエンジニアリングを支援できるという。IBMのさまざまなツールやプラットフォームを組み合わせ、「Kubernetes」でオーケストレーション可能な、クラウドネイティブなコンテナやマイクロサービスを中心としたアーキテクチャで利用できるように再設計した。

 どんなデータ形式でも、どこに保存されていても、あらゆるデータに対応。行いたい分析に必要なデータをすぐに収集、活用できる。データをきれいにする「エンタープライズカタログ」を備えている。

 データ利用者が必要な時に正しいデータを探して取り出せるようにするためのカタログだけでなく、機械学習に向けた学習データや学習モデルもカタログ化し、整備された形式で管理することで、より効果的なデータ活用基盤を提供する。

 きれいになったデータをすぐに機械学習を通じて分析できるようになるのもポイントだ。API化による即時業務適用も可能なため、ビジネスの加速化につなげられる。

IBM Cloud Private for Dataのまとめ
用途と機能高度なデータサイエンスやデータエンジニアリングを支援するソフトウェア
特徴どんなデータ形式でも、どこに保存されていても、あらゆるデータに対応。機械学習に向けた学習データや学習モデルもカタログ化し、整備された形式で管理。きれいになったデータをすぐに機械学習を通じて分析
参考価格1仮想プロセッサあたり344万円

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. EDR導入を絶対に失敗したくない人に贈る、セキュリティ対応の5つ課題とEDR選定の11のポイント
  2. AIと位置情報でユーザー体験を高度化 - スマートデバイス時代にふさわしい無線LANサービスとは
  3. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  4. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  5. メインフレームとクラウドネイティブが融合! ハイブリッドクラウド時代をリードするLinux基盤の実力

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]