人材管理

リモートワーカーの生産性を高める--IT部門が支援できる6つのこと

テクノロジ専門家のリモートワーカーが増加するに従い、IT部門は従業員の仕事環境を整えるべくポリシーを変更する必要がありそうだ。

 会社外の遠隔地での勤務、つまりリモートワークが最も浸透している業界はテクノロジ業界のようだ。Remoters.netのレポートによると、同業界の29%が遠隔地での勤務向けに人員を採用しているという。遠隔地で働くことは、これまでにも望ましい働き方と捉えられており、その考えは今後も続くだろう。専門職にある人たちは遠隔地で働くことで、高い柔軟性とワークライフバランスを得ることが可能なためだ。一部ではこうした働き方が一般的になりつつもある。実際コンピュータや数学分野で働く人たちは、ほかの業界よりも遠隔地で働く頻度が高いという。

 こうしたリモートワークに対する追い風が求職市場にも影響を与える可能性がある。Softchoiceのレポートによると、給与が上がらなくてもより良い在宅勤務施策のある企業やより頻繁に在宅勤務ができるような施策を持つ企業に転職する意志のあるオフィスワーカーは74%にのぼるという。

 このような変化に対応すべく、IT部門やテクノロジ部門のリーダーはリモートワーカーに合うよう、より適切なポリシーを採用する必要に迫られるかもしれない。リモートワーカーの仕事の多くはインターネット頼りとなるため、IT部門のサポートが重要だからだ。

 FlexJobsのキャリア担当ライター、Rachel Jay氏は、「(在宅勤務などの)テレコミューティングは、うまくやるために必要となる適切なツールや技術、同僚や会社全体とのつながりがあれば、本質的に生産性の高い働き方といえる」と語る。「IT部門は、リモートワーカーが同部門に連絡できるよう、また彼らに対応できるようにしておくべきだ。同じビルで働いていない人を支援するためのプロセスや手順が必要となる」

 そのためのテクノロジがなければ、リモートワーカーの生産性は損なわれることになる。

 リモートワーカーが仕事をやり遂げるにあたってIT部門は何をすべきなのだろうか。以下に6つのポイントを挙げる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2457文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  5. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]