バックアップ アーク情報システム

HD革命/Copy Drive:OSや設定を含めてディスクを丸ごとできるコピーソフト

ディスクコピーソフト「HD革命/Copy Drive」は、OSや設定を含めて別のディスクに丸ごとコピーできる。パーティション単位でもコピーでき、パーティションサイズの自動調整、パーティションタイプの変換も可能。

HD革命/Copy Driveのポイント

  • コピー元とコピー先のディスクのサイズが異なる場合でもコピーが可能
  • 必要なパーティションだけを選択してコピーも可能
  • HDD/SSDを複製して同じIDのディスクを作成するデッドコピーにも対応

HD革命/Copy Driveの製品解説

 アーク情報システムの「HD革命/Copy Drive」は、ハードディスクドライブ(HDD)やソリッドステートドライブ(SSD)のデータをOSや設定、インストール済みアプリケーションも含め、丸ごと別のHDDやSSDにコピーできるソフト。システムにインストールして使用できるほか、Windows PE起動用のCDやUSBメモリから起動して使用することも可能。起動用メディア作成機能も備える。

編集部おすすめの関連記事

 インターフェースはSATAやUSBのほかIDEやM2、IEEE1394、eSATA、SCSI、PCMCIA、NVMeなど、ファイルシステムはFAT16/32、NTFS、ext2/3/4などに対応しており、さまざまな環境で利用できる。

 簡単に操作できるウィザード形式の画面が用意されており、コピー元、コピー先を選択するだけでコピー可能だ。コピー元とコピー先のディスクのサイズが異なる場合でもコピーが可能で、各パーティションサイズを自動調整する機能も備えている。また、コピー時に各ドライブのパーティションサイズの割合を変更可能で、1Mバイト単位で細かく設定することができる。

 システムドライブのみ、データドライブのみというように、必要なパーティションだけを選択してコピーすることも可能だ。パーティションのタイプが異なるディスクであっても、MBRディスクとGPTディスクを変換しながらコピーできる。

 OSのアップグレードによって作成された回復パーティションを、順序を維持したまま先頭に移動してコピーすることも可能だ。これにより、システムドライブのサイズ変更ができないなどの問題が解消され、ディスクを有効活用することができる。

 ディスククローンツールも用意されていて、HDD/SSDを複製してまったく同じIDのディスクを作成するデッドコピーにも対応。ディスク全体をイメージファイルとして出力したり、作成したイメージファイルから復元したりすることもできる。

HD革命/Copy Driveのまとめ
用途と機能ディスクコピーソフト
特徴SATAやUSBのほかIDEやM2、IEEE1394、eSATA、SCSI、PCMCIA、NVMeといったインターフェースに対応。ファイルシステムはFAT16/32、NTFS、ext2/3/4などに対応。MBRディスクとGPTディスクを変換しながらコピー可能
税別価格通常版:4100円、ダウンロード版:3148円、ほか

「バックアップ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]