OS・ミドルウェア

Linuxの「screen」コマンド--リモートプロセスの実行を維持する

Linuxサーバにリモート接続することが多く、不確かなネットワーク接続が原因でコマンドラインの作業が失われるのを避けたいと思っている人にとって、「screen」は使うべきコマンドだ。

 データセンターのLinuxサーバにセキュアシェル接続したが、(何らかの理由で)その遠隔セキュアシェル接続が切断されてしまった、という経験は読者にも何度もあるのではないだろうか。そのサーバに再接続するとき、皆さんが実行した重要なコマンドはまだ実行されているだろうか。あるいは、接続が切断されたせいで、コマンドの実行が停止されているだろうか。これは場合によっては極めて分かりにくいだけでなく、皆さんが貴重な作業と時間を失う原因にもなり得る。

 幸い、これを回避する方法がある。screenコマンドだ。このコマンドを使うと、そのサーバに再接続して、最後のコマンドを実行した時点から再開することができる。本記事では、このLinux管理ツールの使用方法について説明する。「Ubuntu Server 16.04」を使って説明を進めるが、screenはほぼすべてのLinuxディストリビューションで利用可能だ。

 screenはどんなものなのか。簡単に言うと、screenは複数のプロセス間で物理的な端末を多重化するフルスクリーンのウィンドウマネージャだ。screenコマンドを呼び出すと、通常通りに作業できる単一のウィンドウが作成される。ユーザーは必要なだけ多くの画面を開いたり、画面を切り替えたり、切り離したり、一覧表示したり、再接続したりすることが可能だ。

 それでは、この便利なコマンドを使用する手順を見ていこう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2174文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. NoSQL+SQLを実現! MySQLドキュメントストアはどう凄いのか
  2. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  3. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット
  4. フルスクラッチ開発の苦労がほぼゼロ!アプリでのファンベース構築も目指すNEC
  5. 人事異動前の対策が急務!ファイルサーバのアクセス権管理、よくある5つの課題と解決法

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]